【サザンクロスセンター】与論島を見渡せる展望台 & 資料館を紹介

与論島が一望できる絶景スポット 与論島観光
スポンサーリンク

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキー@jacky_top_2019)です。

この記事では、与論島の観光スポット「サザンクロスセンター」の見どころ、行き方を紹介します。

サザンクロスセンターは…、



・展望台からの眺めが最高

・映画「めがね」の自転車がある

・与論島の歴史・文化を学べる

・雨の日におすすめな観光スポット



といった内容を詳しく紹介します!


この記事はこのような方向けです
  • 与論島の観光スポットを知りたい方
  • 絶景スポットを知りたい方
  • 映画「めがね」ファンの方
  • 雨で海に行けず、遊ぶ場所を探している方


▼与論島の観光スポットまとめ


スポンサーリンク

サザンクロスセンターの見どころ:展望台からの絶景

サザンクロスセンターの見どころ:展望台からの絶景

サザンクロスセンターの見どころは、5F最上階の展望台から一望できる与論島の景色です。

よく晴れた日には、沖縄本島や周りの島々がはっきりと見えるところも見逃せないポイント。

サザンクロスセンターの施設自体は資料館なのですが、与論島の景色を360℃見渡せる展望台が最大の見どころですよ。


サザンクロスセンターの見どころ:映画「めがね」の自転車

サザンクロスセンターの見どころ:映画「めがね」の自転車

またまた歴史資料館とは関係のない見どころを紹介します。

2007年に公開された、小林聡美さん主演の映画「めがね」のロケ地が与論島。

映画の中で、もたいまさこさん演じるサクラが自転車を乗るシーンがあり、とても印象的でした。

サザンクロスセンターには実際に映画で使われたサクラの自転車が展示されています。

しかも展示されているだけではなく、館内であれば乗ってもOKです!

>>映画「めがね」ロケ地の紹介ページへ


サザンクロスセンターの場所・行き方

※スマホで地図内の青字「拡大地図を表示」をタップするとGoogleマップアプリが起動します

サザンクロスセンターは、与論島で一番の標高の高い場所にあります。

与論島の繁華街である茶花(ちゃばな)から行く場合は、かなり厳しい坂を登らないとダメです。

レンタサイクルでも行けなくはないですけど、体力をかなり消耗しますので、レンタカーもしくは路線バスで行くことをおすすめします。

路線バスで行く場合は、「与論中前」というバス停で降り、徒歩10分くらいで着きます。

そんなに遠くないですよ。

>>与論島の路線バス解説ページへ


サザンクロスセンター基本情報

サザンクロスセンター基本情報
施設名サザンクロスセンター
ジャンル資料館・展望台
住所鹿児島県大島郡与論町立長3313
電話番号0997-97-3396
営業時間9:00~18:00(17:30まで入館可能)
定休日無し(年中無休)
料金大人(高校生以上)¥400、子供(中学生以下)¥200
決済手段現金
駐車場有り(無料)
無料Wi-Fi無し

サザンクロスセンターとは、与論の歴史・文化・芸能にまつわる貴重な道具や写真などが、展示がされている5階建ての歴史民俗資料館。

ちなみにサザンクロスセンターに隣接している観光スポットが「与論城跡」です。

隣接といいますか、サザンクロスセンターの真横にあります。

こちらは無料で楽しめる観光スポットなので、サザンクロスセンターのついでに行ってみてくださいね。

>>与論城跡の紹介ページはこちら


スポンサーリンク


サザンクロスセンターの展示物

与論島の歴史、自然、芸能、風俗等の展示物
お祭りで実際に使用されるお面や衣装展示

サザンクロスセンターの見どころとして、展望台からの絶景や映画「めがね」の紹介をしましたが、本来は博物館なんですよね(苦笑)

いくつか珍しい展示物を紹介しますので、実際に現地でご覧くださいませ。


大島紬

与論島の歴史、自然、芸能、風俗等の展示物

これは個人的にめちゃ懐かしい一品、大島紬の機織り機です。

何が懐かしいかと言いますと、友達の家に行くと、大体この機織り機があったんです。

与論島のお母さん達は、ほぼ全員が家で子供を抱っこしながら大島紬の機織りをしていました。

子育てをしながらできる内職=機織り、というわけです。



大島紬(おおしまつむぎ)とは、鹿児島県南方にある奄美群島(主に奄美大島)の伝統工芸品としてつくられる織物。手で紡いだ絹糸を泥染めしたものを手織りした平織の絹布、若しくはその絹布で縫製した和服を指す。通称・略称は「大島」。

出典:Wikipedia


よろん焼

与論島の歴史、自然、芸能、風俗等の展示物

与論島には、「よろん焼」という与論島独自の陶芸・焼き物の窯元がありました。

残念ながら窯元自体が与論島から石垣島に引っ越されまして、今は「石垣焼」として創作活動を行っていらっしゃいます。

サザンクロスセンターには、今では貴重な品になった、よろん焼きの作品が展示されていますので是非ご覧くださいませ。

>>よろん焼の紹介ページはこちら


与論島に生息している昆虫

与論島に生息している昆虫

サザンクロスセンターには、蝶をはじめ与論島に生息している昆虫の展示があります。

中でもオオゴマダラ(写真右端、左端一列)という蝶は、個体数が減ってきているのか、与論島内では見ることも減ってきました。

貴重な標本が多くありますので、昆虫好きにはたまらない展示エリアですね。


スポンサーリンク


番外編:天気が悪い日でも暇つぶしができる

天気が悪い日でも暇つぶしができる(思ったよりも重要)

旅行で与論島にいる間、ずーっと天気が良いとは限りません。

夏から秋にかけては、台風が来るかもしれませんし…。

与論論島は、海以外の観光スポットがあまり無いので、雨が降ると何をして遊べば良いか困ります。

ただ、ここサザンクロスセンターで、“ 最大2時間 ” は滞在することができますよ。

>>与論島で雨が降った時の過ごし方を紹介


まとめ:サザンクロスセンター

まとめ:サザンクロスセンター

この記事では、与論島が一望できる絶景スポット「サザンクロスセンター」を紹介しました。

それでは最後にサザンクロスセンターのおすすめポイントをおさらいしましょう。


  • 展望台からの眺めが絶景
  • 映画「めがね」で実際に使われた自転車に乗り放題
  • 与論島の歴史・文化を学べる
  • 雨の日におすすめな観光スポット


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ本記事を参考にしてサザンクロスセンターに行ってみてくださいね。

それでは!

ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!

タイトルとURLをコピーしました