沖縄まで一望できる与論島の絶景スポット【夕日も堪能できる】

与論島で天気が良ければ沖縄まで一望できる絶景スポット 与論島観光
スポンサーリンク

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキーです!

与論島に行ったら何が何でも行ってほしいスポットが “与論城跡(琴平神社)” です。

与論城跡は、与論島で唯一の眺めの良い絶景スポットなんですよ!

この記事では、与論マニアのわたくしジャッキーが、与論城跡について、紹介します!

紹介する内容は…



・与論城跡から観る絶景(昼間)

・与論城跡から観る絶景(夕日)

・与論城跡の場所


といった内容を詳しく紹介しますね!


スポンサーリンク

与論城跡の見どころ

与論城跡の見どころ

与論城跡は、与論島で人気の絶景スポットです。

人気の理由は、“高台から島全体を見渡せること” にあります。

その人気観光スポットの見どころは、この2つ!

  • 与論島から眺める昼間の景色
  • 与論島で芝生に座りながらまったり眺める夕日

与論城跡で、ぜひとも絶景を堪能してほしいです!


与論城跡とは

与論城跡

“城跡” と名付けられていますが、残念ながら与論城は完成しませんでした。

というのも城を建築中に戦争が勃発し、主が戦争に敗れ、完成を待たずして亡くなった為です。


1405~1416年頃、琉球の北山王の三男王舅(オーシャン)が築城しましたが途中、北山王滅亡により築城が中止され未完成となっています。天然の三層の断崖及びこれを結ぶ石垣が500m余にわたります。北端から南東へ延長200m余の石積みは、伏龍を形どったものだと言われています。

出典:ヨロン島観光ガイド


スポンサーリンク


与論城跡から観る絶景(昼間)

与論城跡から観る絶景(昼間)

与論島で一番高い場所、その景色は最高です。

天気が良ければ、沖縄本島や沖縄の伊是名島も観ることができますよ。

ちなみに写真の奥中央に見える島は、沖縄本島です。

沖縄本島と与論島は、距離にして約23キロしか離れていません。
こんなに近いならいっそ沖縄県になればいいのにと思ってしまいます(苦笑)


与論城跡から観る絶景(夕日)

与論城跡から観る絶景(夕日)

昼間の景色も良いですが、夕日も最高なんですよね。

芝生に座り、夕日を眺めつつスマホをいじる” 、いつもここに来ると私がやることです。

本当はお酒を飲みながら夕日を眺めるっていうのも良いとは思いますけど、帰り運転しなきゃなので…。
複数人で行くと、解決しますけどね。


夕日の移り変わり

夕日の移り変わり

夕日が沈む間近の状態です。

夕日一番が “焼けている” 状態ですね。


夕日の移り変わり

マジックアワーなる素敵な時間をご存知ですか?

日の出、日の入りの数十分だけ発生する幻想的な自然現象です。

その自然現象を総称してマジックアワーといいますが、細かく分類するとゴールデンアワー、ブルーアワーなどあります。

この時は、マジックアワーの中でもブルーアワーですね。


夕日の移り変わり

ブルーアワーの最高潮です。

雲と若干残っている夕日のコントラストがなんとも幻想的です。


与論城跡ってどこにあるの?

与論島の繁華街、茶花市内から車に乗って10分くらいで到着します。

ちなみに茶花市内から徒歩で行ったことがありますが、高台に向かって歩いていくため、結構キツかったですね。1時間くらいかかりました。


スポンサーリンク


まとめ:与論城跡

まとめ:与論城跡

それでは最後に与論城跡のまとめです。


  • 与論城跡には1日2回行きましょう
  • 与論城跡は、与論島の中でも夕日を堪能できる絶景スポット
  • 与論城跡までは車で行くことがおすすめ


最後まで読んで頂きありがとうございました。

与論城跡には、最高な景色しかありませんので、ぜひ時間帯を変えて2回行ってみてくださいね。

あと、与論城跡の真横にはサザンクロスセンター(歴史民俗資料館)が隣接していますので、併せて行くと効率的に島を周れますよ。

それでは!

ジャッキーでした!


▼サザンクロスセンターの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました