与論島はバスで移動すると最安!【観光スポットやお店に11ヶ所行ける】

バスでも百合ヶ浜に行けるよ! 与論島移動
スポンサーリンク

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキー(@jacky_top_2019)です!

この記事では、与論島を最安値で移動できる “ 与論島内の路線バス ” について紹介します。

与論島内での路線バス移動は…、



・百合ヶ浜に行ける

・有名な観光スポットに行ける

・距離に関係なく¥200

・路線内であればどこでも乗り降りOK



といった内容を詳しく紹介します!


この記事はこのような方向けです
  • 車の免許が無い方
  • 百合ヶ浜に行きたい方
  • 路線バスの行き先が気になる方


スポンサーリンク

与論島の路線バスで百合ヶ浜にも行ける

与論島の路線バスで百合ヶ浜にも行ける

与論島の路線バスは、観光客に一番人気の百合ヶ浜前に止まるので、めちゃ便利に使えます。

免許証があって、人数も多ければレンタカーもしくはタクシーが割安で便利かもしれませんが、路線バスでも行けるので、選択肢の一つになりますね。

特に最近は、与論島に一人旅で来られる方も多くなっているので、コスパを考えると路線バス利用をおすすめすることもあります。


バス停名「ゆりが浜入口前」

バス停名「ゆりが浜入口前」

百合ヶ浜の最寄りバス停「ゆりが浜入口前」で降りて、海の方に歩いていくと、「グラスボート総合案内所」が見えてきます。


バス停名「ゆりが浜入口前」

百合ヶ浜への渡り方は、何パターンかあるんですけど、グラスボートで行く方法がスタンダードですね。

グラスボートは、少し大きめのボートなのでお子さんがいる場合は、安全面も考えると安心感があります。


▼百合ヶ浜の記事はこちら


与論島の路線バスで行ける観光スポット、おすすめのカフェ、お店

路線バスで行ける観光スポット、おすすめのカフェ、お店
アズールカフェでは美味しいランチが食べられますよ

路線バスに乗って行ける場所は百合ヶ浜だけではありません。

かなり多くの観光スポットやおすすめのカフェ、お店に行くことができます。

厳選した12ヶ所のおすすめスポットを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


バス停名観光スポット、お店名バス停からの距離(片道)
南バス前カフェ:メーダフズユイ徒歩約2分
茶花海岸前カフェ:海岸通り徒歩約1分
茶花海岸前カフェ:和-nico-徒歩約5分
茶花海岸前カフェ:カフェココ徒歩約5分
茶花海岸前お土産:サンコーラル徒歩約5分
品覇入口カフェ:アズールカフェ徒歩約10分
ゆりが浜入口観光:百合ヶ浜徒歩約1分
与論中前観光:高千穂神社徒歩約5分
与論中前観光:屋川(ヤゴー)徒歩約10分
与論中前観光:与論城跡徒歩約10分
与論中前観光:サザンクロスセンター徒歩約10分

※観光スポット、お店名をクリックすると詳しいページが開きます


北回りで行く場合の観光スポット、おすすめのカフェ、お店
絶景が堪能できる与論城跡


北回りで行く場合の観光スポット、おすすめのカフェ、お店
こんなおしゃれなカフェもあります(メーダフズユイ)


▼与論島のおすすめしたいカフェ5選についてはこちら


与論島 バスの路線図

路線バスの経路は、与論島の内側をぐるっと1周するイメージですね。

1周にかかる時間は40分~50分くらいなので、のんびり島1周するのもありかもです。


与論島 バスの時刻表

時間帯にもよりますが、バスは1時間に1本 or 2時間に1本くらいの本数がありますね。


スポンサーリンク


与論島の路線バスは一律¥200

与論島の路線バスは一律¥200

与論島の路線バスは、どこから乗っても一律¥200です。

バスに乗ったら、運転席の横に木のカゴがありますので、その中に¥200を入れてくださいね。

なるべく小銭の準備を!


2日間乗り放題のチケット

私が乗った時は誰もいませんでした

路線バスをフル活用する方に朗報です!

2日間限定ですが、路線バスに乗り放題のチケットが販売しています。

3回乗ると元が取れるので、路線バスを基本の移動手段として考える場合はチケットを買った方がお得ですね。

チケットは、バス内で販売していますので、運転手さんに声をかけてみてくださいませ。

  • 大人:¥500
  • 子供:¥300


実際に与論島の路線バスに乗ってみた

わたくしジャッキーは与論島出身なので、実家の車を乗ればどこでも行けますが、久し振りにバスに乗ってみましたよ。


乗ったバス停:東区(東区かめや前)

乗ったバス停:東区(東区かめや前)
どこにバス停があるか分かりますか…?

東区にあるバス停「東区(東区かめや前)」から乗りました。

かめやとは、与論島の東区という地区にあるスーパーのことです。

ただ、かめやの前にはバス停はありませんでした…。

バス停は、かめや横の「ひさどめ商店」前、ホテル「サンシャイン」横にありますので、ご注意くださいませ(苦笑)


東区(東区かめや前)のバス停が隠れている問題

バス停がめちゃ隠れています…


これは隠れすぎでは?(苦笑)


時刻表は横から読めということですね!

バス停が、スーパー「かめや」の前に無くて、「ひさどめ商店」前にあるのも笑いましたし、植物に隠れて全然見つからなかったのもさすが与論島!ってカンジ(苦笑)

ただ、バスは時刻表通りに来たので、かなり意外でしたね(笑)


スポンサーリンク


与論島の路線バスは乗り降り自由

路線バスで行ける観光スポット、おすすめのカフェ、お店

与論島の路線バスは、“ 路線内であればどこでも乗り降り自由 ” です。

なので、路線内の道路を歩いていてバスが来たら手をあげて、恥ずかしがらず乗りたいアピールをしましょう!

気づいてもらえたら、どこでも乗ることが出来ます。

また、降りる際は、運転手さんに声をかけると停まってくれますよ。

与論島に慣れていない方であれば、事前に降りたい場所を運転手さんに伝えることで、目的地近くに到着したら停まってくれるので安心です。

それにしてもどこでも乗り降りができるって、田舎らしくてステキすぎですね。


まとめ:与論島の路線バス

この記事では、与論島の路線バスを紹介しました。

まとめると…


  • 路線バスで百合ヶ浜に行ける
  • 観光スポット、カフェ、お店など12ヶ所に行ける
  • 距離に関係なく一律¥200で乗れる
  • 2日間乗り放題のチケットがある(大人¥500、子供¥300)
  • 乗り降りが自由なので、柔軟さが嬉しい路線バス
  • バス停が植物に隠れて見つけられない場合がある


与論島では、レンタカーやレンタサイクルをまず最初に考えがちですが、路線バスでの移動も行く場所によってゃコスパが良いこともあります。

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

それでは!

与論人ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!

タイトルとURLをコピーしました