与論島に最安値でアクセスする方法はフェリー一択【乗り方を徹底解説】

安い!与論にはフェリーで行くしかない! 与論島移動

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキー(@jacky_top_2019)です!

『やっぱり飛行機は高いから安くフェリーで行けたらいいなぁ~』と思っている方、いませんか?

この記事では、与論人だからこそ分かるフェリーを使った与論島までのアクセス方法について紹介します!

この記事を参考にして一番安く、一番効率の良い方法で、与論島に行ってくださいね。

紹介する内容は…



・最安値で与論島まで行く方法

・フェリーのメリット・デメリット

・おすすめのフェリー会社

・台風でフェリーが欠航した時の対処法



この記事を読むとフェリーに乗る基本情報と台風シーズンが重なった時の対処法が分かるので、是非とも参考にしてくださいませ!


この記事はこのような方向けです
  • フェリーで与論島に行くことを検討している
  • 少しでも安く与論島まで行きたい
  • 台風接近時の対処法について知りたい方


▼与論島まで飛行機で安く行く方法はこちら


▼与論島の観光情報はこちら


結論:与論島まで最安値で行く方法【フェリーに乗るしかない】

それでは真っ先に、与論島まで最安値で行く方法を教えます。


  1. 飛行機:LCCもしくはANA・JALの深夜便で那覇まで行く
  2. フェリー:那覇港からフェリーに乗り与論島まで行く


この那覇経由の “ LCC or 深夜の飛行機 + フェリー ” が、間違いなく最安値で与論島まで行く方法です。

予約する時期が早ければ、片道(飛行機+フェリー)¥15,000以内で収まることもあります。

ただ…、フェリーには “メリット・デメリット” がありますので、本記事で詳しく紹介するので、参考にしてくださいませ。


1円でも安く飛行機チケットを入手する方法

チケット発売日に、スカイマークやLCCの予約をすると那覇空港まで激安で行けます。

ただ…、仕事や学校があるので、数ヶ月前~半年前に予約できない方もいると思うんです。

その場合は、チケット比較サイトを利用して1円でも安く予約してくださいね!

>>エアトリスカイスキャナトラベルコをチェック


与論島までの航路、港の情報

与論島までの航路

与論島行きのフェリーは、沖縄 or 鹿児島が出航のスタート地点です。

なので、まず飛行機や新幹線で、沖縄 or 鹿児島に行ってくださいね。


フェリーの航路 上り:沖縄→与論島

沖縄から与論島に出航している港は2ヶ所あります。

  • 沖縄(那覇港)→与論島(供利港)
  • 沖縄(本部港)→与論島(供利港)


沖縄 那覇港の場所

※スマホで地図内の青字「その他のオプション」をタップするとGoogleマップアプリが起動します

那覇空港から那覇港へのアクセスは簡単かつ近いので、サクッと行けますよ。

那覇港へ行くには、那覇空港からゆいレール(沖縄のモノレール)に乗り、旭橋駅下車、徒歩約15分で到着します。


沖縄 本部港の場所

※スマホで地図内の青字「その他のオプション」をタップするとGoogleマップアプリが起動します

こちらが本部港の場所です。

那覇空港からやんばる急行バスで行けますが、¥2,000ほどかかります。

本部港まで行く時間(約2時間)、追加費用を考えると那覇港から乗船した方が便利ですね。

何かのついで以外は、本部港を利用することはありません。


フェリーの航路 上り(沖縄→与論島)の時刻表

港名時間何日目
沖縄(那覇港)7:00発1日目
沖縄(本部港)9:00着、9:20発1日目
与論島(供利港)11:50着、12:10発1日目
沖永良部島(和泊港)14:10着、14:40発1日目
徳之島(亀徳港)16:30着、17:00発1日目
奄美大島(名瀬港)20:30着、21:20発1日目
鹿児島(鹿児島新港)8:30着2日目


那覇港から乗っても、本部港から乗っても与論島には11:50に到着するので、午後は思いっきり遊べますよ。

あー!
与論島に帰りたくなってきました(笑)


那覇港に激近なおすすめホテル:那覇ウエストイン

那覇港からフェリーに乗る場合、基本的にはホテルで一泊しなければいけません。
 ※深夜便なら那覇空港に到着後、那覇港に向かってくださいませ

朝7:00の出港なので、出来るだけ那覇港に近いホテルが助かります。

今回紹介する那覇ウエストインには、過去3回ほど泊まりましたが、毎回大満足でした!

それでは、私が感じたおすすめポイントを紹介しますね!


  • 那覇港まで近い
    徒歩5分で到着します。
    那覇港の出港時間が朝7:00なので、めちゃ助かります。

  • 清潔
    写真を見てもらえれば分かる通り、凄くキレイです。
    掃除も行き届いており、清潔感がありました。

  • 騒音が少ない
    コンクリート造なので、隣の音が聞こえませんでした。
    ぐっすり眠れます。


ツインもあります


那覇ウエストインの場所

※スマホで地図内の青字「その他のオプション」をタップするとGoogleマップアプリが起動します

最寄りの駅は、那覇港と同じく「旭橋駅」です。

ゆいレール(沖縄のモノレール)に乗り、旭橋駅下車、徒歩約10分で那覇ウエストインに到着します。


フェリーの航路 下り:鹿児島→与論島

鹿児島から与論島に出航している港は1ヶ所「鹿児島新港」のみです。

  • 鹿児島(鹿児島新港)→与論島(供利港)


鹿児島 鹿児島新港の場所

鹿児島新港に行くためには、まず鹿児島中央駅に行きましょう。

鹿児島中央駅から2パターンのアクセス方法があり、どちらも約20分で行けますよ。


  1. ポートライナーバス
  2. タクシー


フェリーの航路 下りの時刻表

鹿児島新港から毎日18:00に与論島行きのフェリーが出航しています。

与論島に到着する時間は、翌日13:40なので、フェリーで一泊しますので、船酔い確実の方は厳しいかも知れません(苦笑)

港名時間何日目
鹿児島(鹿児島新港)18:00発1日目
奄美大島(名瀬港)5:00着、5:50発2日目
徳之島(亀徳港)9:10着、9:40発2日目
沖永良部島(和泊港)11:30着、12:00発2日目
与論島(供利港)13:40着、14:10発2日目
沖縄(本部港)16:40着、17:10発2日目
沖縄(那覇港)19:00着2日目


フェリーを利用した際の所要時間

那覇港、鹿児島新港からフェリーに乗船した場合の時間は、以下の通りです。


  • 那覇港→与論港:約5時間
  • 鹿児島新港→与論港:約19時間30分


明らかに鹿児島新港からフェリーに乗ると時間がめちゃかかります。

那覇港~与論港ですら5時間もかかるので、鹿児島新港からフェリーに乗る場合は、時間に余裕がある時にご検討くださいませ。

ただ…、フェリーは飛行機よりも値段が安いので、少しでも旅費を節約したい方は那覇港経由のフェリーなら検討の余地はありです!

与論人の私もお財布事情が厳しい時は、フェリーに乗って帰っています(汗)


与論島行きフェリー 基本情報とおすすめのフェリー会社

与論島行きフェリー 基本情報

与論島行きのフェリーは、以下の2社によって、1日交代で運航されています。



どちらのフェリーを選んだほうが良いのか??【超重要】

どちらのフェリーを選んだほうが良いのか??【超重要】

結論としては、“マリックスライン”のフェリーに乗ることを強くおすすめします。

ただし、前提があります。

その前提は “台風接近時” です。

フェリーに関する与論島民の常識がありまして…、

『マリックスラインは、ちょっとくらいの台風であれば、運行してくれる』

このように与論島民のマリックスラインに対する信頼は厚いです。


マルエーフェリーはダメなのか?

台風が接近していない普通の天候時には、マルエーフェリーでも問題ないです。

現に私自身も帰省する際にマルエーフェリーに、何度も乗っています。

ただ…、やはり台風時に、どうしても与論島に帰りたい時は、マルエーフェリーを選ぶことはありません。

マルエーフェリーは安全確保の観点だと思いますが、欠航の判断がめちゃ早く、台風による影響が少しでもあるとすぐに欠航となります。

観光で与論島にお越しになる方は、7月~9月末が多いので、ガッツリ台風シーズンにフェリーを検討することになると思います。

おすすめとしては、台風接近のことを想定して、マリックスラインを予約した方が良いですよ!


マリックスラインのフェリー

マリックスラインのフェリー

マリックスラインのフェリーは、船体に “MARIX LINE” とロゴが記載されています。


マルエーフェリー(A”LINE)のフェリー

マルエーフェリー(A''LINE)のフェリー

マルエーフェリーの場合は、船体にA” LINEと記載されています。


フェリーの乗船価格と予約

フェリーの値段


フェリーの乗船価格

フェリーの乗船価格は、3ヶ月ごとに変更される場合があります。

少なくとも年に1回は、ほぼ確実に価格改定されていて、その理由は燃料油の購入価格によるものです。

最新の価格については、以下オフィシャルHPを参考にしてくださいね。



フェリーの予約方法

マリックスライン、マルエーフェリー共に電話とインターネット(WILLER)で予約受付をしています。

 ※オフィシャルHP、スマホアプリで予約は出来ないのでご注意ください


マリックスラインの予約先


マルエーフェリーの予約先


与論島行きのフェリーは、電話予約・インターネット予約の両方に対応していますので、予約しやすい方法を選んでくださいね!


乗船ランク(等級)

フェリーには、乗船ランク(等級)があり、ランクに応じて施設や設備や快適さに差があります。
 ※フェリーの種類によって若干の違いあり


  • 2等
    オープンスペース(下はカーペット)で、いわゆる “ざこ寝” スタイルで船旅を楽しみます。

    大学生や若い子たちがいると、トランプやお酒を飲んだりするので眠れないかもです(苦笑)

    ちなみに毛布はあります。

    また、2等でも寝台の個室(2段ベッド)が備わっているフェリーもありますよ。

  • 1等
    1等の中でも以下のような部屋の種類があります。
     1人部屋
     2人部屋
     4人部屋

    ※設備は、個別のベッド or 2段ベッド、テレビ、洗面所あり

  • 特等
    個別のベッドは当たり前として、ソファーやテーブルなどもあり、まるでホテルの一室です。


マリックスライン クーンコーラルプラス 1等洋室(4人部屋)

マリックスライン クーンコーラルプラス 1等洋室(4人部屋)

1等洋室4人部屋の室内です。

手前にテレビがあり、奥中央にエアコン、両サイドに2段ベッドがあります。

那覇港から与論の供利港まで乗りましたが、その間は私以外に誰もお客さんがいなくてラッキーでした。

エンジン音は殆どせず、静かでクーラーも効いていて、2等とは快適さが段違い!

ただ、海上ということもありテレビはBSしか映りませんでしたが、即爆睡したので全く問題なかったですね。


フェリーのメリット、デメリット

ぜひ知ってほしい “フェリーのメリット、デメリット”を紹介します。

事前にメリット、デメリットを把握することで、自分に合ったプランを立ててくださいね!


フェリーのメリット

3つの理由をピックアップしましたが、なんだかんだ言って、フェリーは飛行機よりも圧倒的に安いんですよね!

間違いなく“最大のメリットは価格”です!


フェリーのメリット
  1. 安く行ける!
    飛行機の半額以下

  2. 船旅が楽しめる

  3. 車やバイクを島まで運ぶことができる


フェリーのデメリット

1番のデメリットは “台風” です。

こればっかりは自然のことなので、ホントにいつも頭を悩ませています。

与論出身の私ですら判断ミスをする時がありますので…。

台風のタマゴの “熱帯低気圧” が発生したら、台風の予想進路を確認しつつ、予約したフェリーを解約するし、与論島までの航空チケットを買うか否か悩みます。

ちなみに飛行機は台風が接近していてもフェリーに比べて運行の可能性は高いので、与論島への到着確率は格段に上がりますよ。

費用を取るか、確実性を取るか、本当に悩ましい!

とはいえ、巨大な台風が来たらフェリーも飛行機も欠航なんですけどね(苦笑)


フェリーのデメリット
  1. 台風で欠航するリスクがあり、欠航になったら急遽飛行機を確保する必要がある
    特に7月~10月の台風シーズンは注意が必要

  2. 沖縄から乗る場合、沖縄で1泊する必要があるため、ホテル代がかかる

  3. 飛行機に比べ時間がかかる
    ・飛行機 那覇→与論島間:30分
    ・フェリー 那覇→与論島間:5時間


台風情報をチェックできるサイト、スマホアプリ

与論島民が常日頃チェックしている台風情報サイト、アプリを紹介します。


  • Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
    米軍が運用している気象サイトです。
    このサイトにアクセスしたら、“TC Warning Graphic” を見ると台風の進路が分かります。


  • Windy iOS版 Android版
    風の向き、風の強さがグラフィカルに分かるスマホアプリで、アプリ上のタイムバーを進めることで台風の進路も分かる優れものです。
    ※無料でダウンロード可能


那覇での1泊を回避する方法について

那覇での1泊を回避する方法について

どうしても宿泊費も節約したいという方いますよね、気持ちはよく分かります。

結論としては、ANAやスカイマーク等、夏場だけ運行している飛行機の深夜便を利用することで、那覇での1泊を回避することができます。

2020年は新型感染症の問題で、深夜便は各社ともに飛ばしていませんので、2021年に期待しましょう。

一旦、深夜便のメリット・デメリットだけでも紹介しますね。


  • メリット
    ・深夜便だと1万円を切る価格で安い
    ・那覇で1泊しなくても良い

  • デメリット
    ・フェリーが出発するまで時間がかかる
    ・寝不足になり体調を崩す可能性がある


例年ANAは7月~8月末頃まで「ギャラクシーフライト」と銘打った深夜便を「羽田~那覇」経路のみ運行しています。

予約するタイミング次第ですが、1万円を切る価格でかなり安いです。

学校・仕事帰りに、この便に乗って那覇に行き、フェリーが出発するまで空港で寝て待てば、那覇で1泊しなくても大丈夫なプランとなり、費用もかなり抑えられます。


失敗談! 台風の影響で足止めになった場合、まず何をすべきなのか!?

失敗談! 台風の影響で足止めになった場合、まず何をすべきなのか!?

フェリーに乗ることを前提にスケジュールを組んだことで、結果として無駄な宿泊費がかかったり、野宿(コンビニの立ち読みで一晩過ごす)など、若い時から何回かやらかしています、わたくし。

その失敗から真っ先にしないといけないことを説明します。


すべきこと① 与論島行きの航空チケットを早急に手配する

台風で、与論行きのフェリーが欠航になったら、まず真っ先に与論島行きの航空チケットを確保しましょう。

那覇港にいるなら、タクシーで那覇空港に行ってください。

那覇空港に到着したらJALのカウンターに走っていき、チケットが空いているかを確認し、空いていなければ、キャンセル待ちが可能なのか否かを確認しましょう。


すべきこと② ホテルを確保する

与論島行きの飛行機のチケットが確保できなかったら、今晩泊まるホテルを確保しましょう。

ここ数年の沖縄ブームで宿の確保が難しい上に、台風で足止めを食らっている観光客で、ホテルの争奪戦になること必死です。

1泊くらいなんとか空港の椅子で眠れるかもしれませんが、流石に2泊以上は辛いです。

台風は気まぐれなので、速度が遅くなってその場で停滞することもあります。

そうなったら1日では去ってくれません。

以下の4連コンボが一番厳しいです…。

  • 沖縄に来ました
  • フェリーが出ません
  • 飛行機のチケットが取れません
  • 泊まるところがありません

これは本当に厳しい!


まとめ:フェリーで与論島に行く際のポイント

まとめ:フェリーで与論島に行くポイント

それでは最後に、与論島までフェリーを利用する際のまとめです。


  • 与論島行きの最安値は “深夜便+フェリー
  • フェリーのメリットは、飛行機に比べて “安い
  • フェリーのデメリットは、飛行機に比べて台風に “弱い
  • フェリーはマリックスラインがおすすめ
  • 台風でフェリーが欠航したら航空チケットもしくはホテルをすぐに探す


フェリーのメリット・デメリットを総合的に考えつつ、与論島までの行き方を検討してみてくださいね。

とはいえ、やっぱりフェリーを前提に旅行のスケジュールを組むことはリスクが高い!と思われる方は、飛行機で沖縄から与論に行く方法を検討してくださいね!

それでは!

与論人ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!


▼飛行機で行く事も検討するならこちら

タイトルとURLをコピーしました