与論島の観光スポットは絶景だらけ!【一人旅におすすめ】

与論島の観光スポットは絶景だらけ!【一人旅におすすめ】 与論島
スポンサーリンク

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキー(@jacky_top_2019)です!

この記事では、与論島マニアのわたくしがおすすめする、与論島のマストな情報を紹介しますよ!

紹介する内容は…



・与論島の基本情報

・与論島のNo.1観光地:百合ヶ浜

・与論島の穴場ビーチ

・与論島の夕日

・与論島のおすすめカフェ



与論島に行く前に読まないと損をするかもしれないので、是非チェックしてみてくださいね!


この記事はこのような方向けです
  • 初めて与論島に行かれる方
  • 与論島リピーターの方
  • 地元民しか知らない情報を得たい方


スポンサーリンク

与論島(よろんじま)は鹿児島県です

与論島(よろんじま)は鹿児島県です

与論島自体は、テレビや雑誌で取り上げられることも増え、ご存知の方もいるかもしれません。

一度島に訪れると、リピーター続出のとてもステキな場所。

与論島は、サンゴ礁に囲まれた小さな島で鹿児島県・奄美群島の島です。

ですが、与論島が沖縄本島に近すぎる為、沖縄県と誤解されがちなんですよね…。

実際、沖縄県北部の辺戸岬から与論空港(地元の人は飛行場と呼びます)との距離は約23キロしか離れていないので、これは沖縄県と思われても仕方ないです(苦笑)


与論島(よろんじま)は鹿児島県です


与論島の基本情報

 与論島の基本情報
  • 人口:約5,000人
  • 島の周囲:約23キロ
  • 年間の観光客数:約150,000人
  • 交通:空路と航路あり
  • 地酒:奄美黒糖焼酎

出典:Wikipedia(与論島)


スポンサーリンク


与論島で真っ先に行くべき観光地は、「百合ヶ浜」一択

与論島で真っ先に行くべき観光地は、「百合ヶ浜」一択

テレビや雑誌等のメディアで、真っ先に取り上げられる観光地が百合ヶ浜です。

その影響もあって、与論島に訪れる方は、百合ヶ浜を目当てに来る方が多いのではないでしょうか。

百合ヶ浜は奄美十景の一つで、大潮のころ干潮時に、少しの時間だけ姿を現す砂浜です。

潮の流れや台風の影響等によって、現れない日もあり、本当に奇跡の場所といえます。

ちょっとこれは美しすぎますよね。


与論島で真っ先に行くべき観光地は、「百合ヶ浜」一択

ドローンで百合ヶ浜を撮ってみました。

海の中に小さいビーチが現れています、これが百合ヶ浜です。


▼百合ヶ浜の記事はこちら


与論島の穴場ビーチ

与論島の穴場ビーチ

与論島には、50~60ヶ所にも及ぶビーチがあります。

有名なビーチには名前がついていますが、マイナーなビーチには名前はついていません。

マイナーなビーチには観光客はもちろん、地元の人すらいないことが多いので、即プライベートビーチと化します。

与論島には、このように誰もいないビーチがまだまだ残っているんですよ。


▼穴場ビーチの記事はこちら


スポンサーリンク


与論島は海だけじゃなく夕日も最高!

与論島は海だけじゃなく夕日も最高!

私は“三度の飯よりサンセット好き”ですが、まさにそんな夕日が与論島では観ることができます。

ここは与論島で一番高地にある高台ですが、ビーチと同様に私が行った日には誰もいませんでした。(もったいない…)

目の前に広がっている絶景を芝生に座って眺めながら、ノンビリお酒を飲む贅沢が本当に最高です。

与論島にお越しの際は、海だけでなく夕日も楽しんでくださいね。


▼与論城跡から眺める夕日の記事はこちら


▼サンセットビーチから眺める夕日の記事はこちら


与論島のカフェはレベルが高い

与論島のカフェはレベルが高い

与論島にはおしゃれカフェが多くて、癒やしの場となっています。

まったりのんびりできるカフェ、海で飲めるようにテイクアウト専門のカフェ、海沿いにあるカフェなど、それぞれに特徴がありますね。

ぜひ、与論島でお気に入りのカフェを見つけてください!


▼与論島のおすすめしたいカフェに関する記事はこちら


まとめ:与論島とは

まとめ:与論島とは

以上、与論島の魅力を紹介しました。

与論島を楽しむためのポイントは以下3点です。


  • 与論島で真っ先に行くべき観光地は「百合ヶ浜」
  • 与論島には穴場ビーチが50~60ヶ所ある
  • 与論島には高台があり、夕日を満喫できる
  • レベルの高いおしゃれなカフェが多くある


ぜひ、実際に与論島に行って、海だけではなく夕日を満喫してくださいね!

それでは!

与論人ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました