【ヨロン島】ハミゴーの行き方・場所を徹底解説【初心者は1人で行くな】

映えたいなら行くべき最後の秘境 与論島観光
スポンサーリンク

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキー(@jacky_top_2019)です。

この記事では、与論島の秘境「ハミゴー」の場所・行き方、絶景インスタ映えスポットを紹介します。

ハミゴーは少し危険な場所ですが、注意事項や安全に行く方法も合わせて解説しますので、最後までご覧くださいませ。

本記事で紹介するハミゴーの内容は以下です。



・ハミゴーの場所、行き方

・インスタ映えスポット

・行くときの注意点



といった内容を詳しく紹介します。


この記事はこのような方向けです
  • ハミゴーの行き方・場所を知りたい方
  • インスタ映えスポットを知りたい方
  • 夕日スポットを知りたい方


▼与論島のお得なツアー情報はこちら


スポンサーリンク

ハミゴーとは

ハミゴーの場所
絶景を観るならハミゴーへ

ハミゴーとは、今でいう「合コン会場」です。

その昔、ヨロン島では「ハミゴーアシビ(遊び)」という男女の若者が酒を飲み交わしながら三線を弾き、踊り、楽しむ文化がありました。

この絶景スポットは、そのハミゴーアシビ(遊び)の会場になっていた場所なんです。


ハミゴーの場所

※スマホで地図内の青字「拡大地図を表示」をタップするとGoogleマップアプリが起動します

上記Googleマップの場所が、「ハミゴーの入り口」です。

ハミゴー自体がレアなスポットなので、Googleマップに載っていません。

Googleマップを参考にして行けば、迷わないので安心してくださいね。

またハミゴーは、ヨロン島で人気のある観光スポット、与論城跡サザンクロスセンターから車で5分の場所にあるので、ついでに寄ることもできますよ。


ハミゴー入り口までの進入路

※スマホで地図内の青字「拡大地図を表示」をタップするとGoogleマップアプリが起動します


ハミゴーまでの進入路
ここを直進してください

ハミゴーの入り口には、目印や看板がないので、写真と拡大地図を載せました。

上記写真の場所を直進すると、ハミゴーの入り口に到着しますが、分かりにくいのでGoogleマップの地図も参考にしてくださいね。

ちなみに近くにバス停もないので、レンタカーやレンタバイクで行かれることをおすすめします。


ハミゴーまでの行き方

ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり
ハミゴーの入り口はガードレールが目印

ハミゴーの入り口は、ガードレールの合間です。

このポイントを下って行けばハミゴーにたどり着きます。

ただし、若干険しい道なので誰しもが行ける場所ではありません。

ハミゴーまでの道のりを解説しますので、行けるかどうか、参考にしてくださいね。

ちなみにハミゴーの入り口からハミゴーまでは、徒歩5分~10分くらいです。


ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり

ガードレールの合間を進むと左に畑、右に草むらが見えてきます。

ここから下り坂になっていますので、滑らないよう少し注意が必要です。


ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり

坂を下っていくと、右側に別ルートが現れるので見逃さないようにしてくださいね。

時期やタイミングによっては、地元の方が草木を刈って整備してくれるときもあります。

ですが、この日は全く整備されていませんでした、残念。


ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり

草をかき分け進むと、秘境感がただよう坂道が20メートルほど続きます。

滑ってケガをしないよう、ロープを持ちながら慎重に降りてくださいね。

アクティブな方なら、この時点でワクワクしちゃうかもしれません。


ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり

2分~3分くらい歩き進めていくと、左側にほら穴が出現しました。

ここをくぐり抜けるとハミゴーに到着です。


ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり

ハミゴーのほら穴は、人が一人通ることができるサイズ。

しゃがみながら、チョコチョコ少しずつ進んでくださいね。


ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり

狭いほら穴の中を、2メートルほど進んでいくと下に段差が出てきます。

頭をぶつけないよう注意しながら、ロープをしっかり掴み下に降りてくださいね。

ちなみにほら穴は、昼間でも暗いので懐中電灯(スマホのライトでも可)が必須です。


ハミゴー入り口からハミゴーまでの道のり

30代男性の足だと、約10分で到着しました。

ちなみに70代女性でも15分くらいかけて、無事にハミゴーまでたどり着きましたよ。

1つの事例として参考にしてくださいね。

チャレンジする価値ありです!


ハミゴーの絶景を紹介

ハミゴーの絶景を紹介
ハミゴーの入り口から観る夕日

ハミゴーの絶景を紹介します。

昼間と夕方の景色をご覧いただき、ハミゴーに行くタイミングの参考にしてくださいね。

私のおすすめは、圧倒的に「夕日」です。


9月:昼間のハミゴー

9月:昼間のハミゴー

昼間のハミゴーは、「断崖絶壁から海を眺める」、これに尽きます!

ハミゴーから海面まで、約10メートルくらいはあるでしょうか。

落ちたら大ケガ & 簡単には登れないので注意が必要です。

安全に絶景を楽しんでくださいね。


9月:昼間のハミゴー
透明度の高い海

干潮時なので、海水が引いていたこともあり、崖の上からでも魚がたくさん見られました。

やっぱり透明度の高い海が、ヨロン島の魅力ですね!


9月:昼間のハミゴー
ハミゴーの向かいの崖

ハミゴーからの景色は、どこを見ても画になります。

向かいの崖には、ぽっかりと空いた洞窟らしい場所がありました。

ハミゴーから向かい側には、直接行けませんので無理はしないでくださいね。


11月:夕方のハミゴー

11月:夕方のハミゴー

ハミゴーは、最強の夕日スポット!

ですが、ハミゴーでいつでも夕日が観られる訳じゃないところが残念…。

ハミゴーで太陽が沈む瞬間を観られる時期は、「10月~11月末」が目安です。

※冬(12月~2月)のヨロン島は天気が悪いので夕日そのものが観られる日が少ない

ちなみに天気が良い春や夏場でも、夕日の雰囲気は感じられますが、太陽が沈む瞬間は観られません。

>>与論島の夕日スポット8選はこちら


11月:夕方のハミゴー

ハミゴーは最高の夕日スポットなので、映えた写真を撮れるスポットでもあります。

ぜひ女子旅やカップルでハミゴーに行き、思い出に残る写真を撮ってみてくださいね。

夕日のハミゴー目当てでヨロン島に行くなら、ギリギリ海に入れる11月初旬~中旬がベストです。

>>与論島のお得なツアー情報はこちら


ハミゴーに行く際の注意点

ハミゴーに行く際の注意点

最後にハミゴーに行く際の注意点と、持って行くべき道具を5つに絞って解説します。

安心・安全に行くための注意点なので、意識して守ってくださいね。


  1. できるだけ1人では行かない
  2. 服装には注意する:長袖
  3. 靴で行く
  4. 懐中電灯(スマホ)を持っていく
  5. 虫除けスプレーを持っていく


1.できるだけ1人では行かない

ハミゴーは、少し危険を伴う場所です。

体力に自信があってもケガをする恐れがあります。

できるかぎり1人では行かず、複数名で行ってくださいね。


2.服装に注意する:長袖

ハミゴーに行くまでの道中で、草木が生い茂っていると切り傷の恐れがあります。

ラッシュガード等で体を守ってケガをしないようにしてくださいね。

ヨロン島の紫外線は、あり得ない速度で日焼けをしますので、ラッシュガードを持ってない方は一着あると便利です。


3.靴で行く

ハミゴーは靴で行ったほうが、間違いなく安全です。

というのもハミゴーまでは、ロープを持って下りますが、坂になっている上に地面が土で滑るんです。

ビーチサンダルで行けなくはないですけど、ケガの元なのでできるだけ靴で行くことをおすすめします。

ちなみに私は靴を持っていくのが面倒なので、海でも使えるマリンシューズを代用してハミゴーに行きました。


4.懐中電灯(スマホ)を持っていく

ハミゴーのほら穴と夕日の時間帯は、周りが真っ暗なので、懐中電灯がないと先に進めません。

懐中電灯を個別に持っていかなくても、スマホのライトで代用可能です。

バッテリーの残量だけは、注意してくださいね。


5.虫除けスプレーを持っていく

ヨロン島は自然が豊かなので、残念なことに虫がいます。

春~秋にかけて蚊も発生しますので、虫除けスプレーは持っていった方が間違いなく良いです。

ハミゴーだけに関わらず、ヨロン島の滞在中は欠かせない一品といえますね。


まとめ:ハミゴー

まとめ:ハミゴーについて

この記事では、ヨロン島の秘境「ハミゴー」の場所・行き方、景色を紹介しました。

それでは最後におさらいをしましょう!


  • Googleマップに未掲載の秘境
  • 絶対に行くべき夕日スポット
  • 昼間に行くと透明度の高い海が見れる
  • 若干の危険を伴うため注意して行く


ハミゴーは、絶景夕日と秘境感を楽しめるスポットです。

ケガをしないよう、天気の良い日に行ってくださいね。

それでは!

与論人ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!


▼与論島のお得なツアー情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました