【ヨロン島】ウドノスビーチの場所・見どころを紹介【東南アジア感あり】

東南アジア感を味わえる絶景ビーチ 与論島観光
スポンサーリンク

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキー(@jacky_top_2019)です。

この記事では、東南アジア感のある絶景ビーチ「ウドノスビーチ」について紹介します。

ウドノスビーチの場所、絶景スポット、ジャニーズの嵐に関する情報など、詳しく解説しますので最後まで読んでくださいね。

本記事で紹介する主な内容は以下です。



・ウドノスビーチの場所

・ウドノスビーチの絶景

・嵐のMVについて

・トイレやシャワーの有無



といった内容を詳しく紹介します。


この記事はこのような方向けです
  • 茶花に近いビーチを知りたい方
  • ウドノスビーチの場所を知りたい方
  • ウドノスビーチの絶景を知りたい方
  • 嵐ファンの方


▼与論島のお得なツアー情報はこちら


スポンサーリンク

ウドノスビーチとは

ウドノスビーチは、ヨロン島の繁華街「茶花(ちゃばな)」から一番近いおすすめのビーチ。

繁華街から近い上に、東南アジア感もあるヨロン島の中でも珍しいビーチなんです。

それではウドノスビーチを紹介します。


ウドノスビーチの場所

※スマホで地図内の青字「拡大地図を表示」をタップするとGoogleマップアプリが起動します

ウドノスビーチは、ヨロン島の繁華街「茶花(ちゃばな)」から歩いて行くことができます。

茶花のカフェ等でランチを食べた後に、お散歩しながらビーチに行くなんてことも可能なので便利ですね!

ちなみに、銀座通りという繁華街一のストリートからウドノスビーチまでは、「徒歩約12分」で行けます。

>>ヨロン島のカフェ紹介はこちら


ウドノスビーチの入り口

※スマホで地図内の青字「拡大地図を表示」をタップするとGoogleマップアプリが起動します

上記スポットが、ウドノスビーチの入り口(駐車場)です。

Googleマップを見ながらウドノスビーチに行く際は、上記地図を参考にしてくださいね。

安心してくださいね、迷わずに行けますよ。


ウドノスビーチの入り口:右側

ウドノスビーチには2ヵ所の入り口があります。

駐車場から海を正面にみて、右側が階段ルート。

右側のルートは、地元感を感じられる道で、お気に入りの行き方です。


晴れた日はまったく問題ないのですが、濡れている場合は滑りやすいです。

足元に注意して、階段を降りてくださいね。


黄色のボートが画になります

右側のルートは、ローカル感満載の海に続く道です。

この先にビーチが待っていると考えるだけで、いつもワクワクします。

ぜひ、ウドノスビーチでワクワク体験をしてくださいね。


ウドノスビーチの入り口:左側(松潤ルート)

続いて左側のルート、通称「松潤ルート」を紹介します。

松潤とは、今は活動休止の嵐「松本潤」のことです。


嵐の「IN THE SUMMER」という曲のMVを撮った場所が、左側のルートなんです。

左側のルートで、MV撮影を撮ったメンバーは松潤だけなので、「松潤ルート」と勝手に命名しました(笑)

嵐ファン・アラシックの皆さんは、ぜひ左側のルートでウドノスビーチに行ってみてくださいね!

>>嵐 / IN THE SUMMERのロケ地情報ページへ


スポンサーリンク


ウドノスビーチの絶景を紹介

ウドノスビーチの絶景を紹介

ウドノスビーチの絶景を紹介します。

ウドノスビーチは、茶花から歩いて行けるヨロン島の中で有名なビーチ。

海の透明度もバツグンですけど、東南アジア感がある雰囲気が一番おすすめです。


東南アジア感

ウドノスビーチ:東南アジア感

潮が引いた時間帯のウドノスビーチは、東南アジア感があるんですよね。

ちなみに満潮のタイミングでは、砂浜が全て海の底に沈みますので、ウドノスビーチでは色々な景色を楽しむことができます。

ヨロン島で色々な景色を撮りたい方に、ウドノスビーチは特におすすめですね!


どの方角でも画になる景色がウドノスビーチにはあります。

キレイな海と、異国感のある景色を楽しみたい方は、ぜひともですよ!


高台からの風景

足を滑らせないように登ってくださいね

ビーチ沿いの階段を登ると、ちょっとした高台に行けます。

ヨロン島で高台があるビーチは、ウドノスビーチだけ!

絶景を一望できるビーチは、魅力的なポイントの一つですよね。


高台からの眺める絶景は最高です!

オーシャンブルーの海、青い空、そして南国の植物、絶景としか言いようがありません…。

ウドノスビーチに来たら高台に登りますけど、いつ来ても絶景なんです。

ぜひ高台からの絶景を眺めてくださいね。


ウドノスビーチの夕日

ウドノスビーチは、ヨロン島の中でも夕日を楽しめるビーチの一つ。

昼間にシュノーケリングを楽しんだ後に、夕日を楽しむ流れは最高ですね。

あと、ヨロン島にはウドノスビーチ以外にも、おすすめしたい夕日スポットがあります。

色々な夕日スポットをチェックして、最高な思い出にしてくださいね。

>>ヨロン島の夕日スポット特集ページへ


嵐 / IN THE SUMMERのロケ地

嵐 / IN THE SUMMERのロケ地
大野くんの撮影場所

ウドノスビーチは、嵐の「IN THE SUMMER」という曲のMVが撮影された場所。

東南アジア感がある絶景がMVのイメージとマッチしたのかもしれません。

嵐ファンの方々は、ぜひ聖地巡礼としてお越しくださいませ!

>>嵐 / IN THE SUMMERのロケ地情報ページへ


スポンサーリンク


ウドノスビーチの基本情報

ウドノスビーチの基本情報
総合満足度★★★★☆
絶景度★★★★☆
混雑度★★★☆☆
レジャー海水浴、写真撮影
必須アイテムシュノーケリングセット
駐車スペース有(無料)
トイレ/シャワー有(無料)


混雑度

ウドノスビーチは、ヨロン島の繁華街から歩いて行けるビーチなので、ヨロン島の中では観光客が多いビーチの一つです。

ただ…、私が行った日は誰もいませんでしたよ。

とはいえ、写真の通り砂浜に足跡がたくさん残っていますので、やっぱりウドノスビーチに訪れる方は多めです。

>>誰もいないヨロン島のローカルビーチ特集


駐車場

ウドノスビーチは、ヨロン島のビーチにはめずらしく、駐車場が整備されています。

ヨロン島のビーチは、あまり駐車場が無かったりしますので、車を停める場所を探すにも一苦労。

その点ウドノスビーチは安心ですね。

また与論島は、とても坂が多い島です。

レンタカー、電動自転車等、で行かれることをおすすめします。

※近場のホテル・民宿の方は除く


トイレ

トイレ

ウドノスビーチのトイレは、駐車場の真横にあります。

ぜひご利用くださいませ。


シャワー

シャワー

トイレと同じ建物に、シャワー併設されています。

残念ながら水しか出ませんが、とりあえず海水を洗い流した後は、ホテルに直行してくださいね。


まとめ:ウドノスビーチ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事では、ヨロン島のビーチ「ウドノスビーチ」を紹介しました。

それでは、ウドノスビーチのポイントをおさらいしましょう。


  • 東南アジア感があるビーチ
  • 夕日も楽しめるビーチ
  • 嵐のIN THE SUMMERのロケ地
  • トイレ、シャワーあり


ウドノスビーチは、ヨロン島の繁華街「茶花(ちゃばな)」から歩いて行ける一番近い絶景ビーチ。

シュノーケリングだけじゃなく、夕日も楽しめる点がおすすめですね!

ぜひこの記事を参考にして行ってみてくださいね。

それでは!

与論人ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!


▼与論島のお得なツアー情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました