【ヨセミテ/タフトポイント】行き方と場所を説明!恐怖の絶景スポット!

タフトポイントは崖から落ちるの禁止! アメリカ ヨセミテ
スポンサーリンク

こんにちは!

ヨセミテ大好きハーフブロガーのジャッキー(@jacky_top_2019) です!

わたくしジャッキーはこれまでアメリカに20回以上、10以上の国立公園に行ったことがあります。

その経験を生かして本記事では、ヨセミテ国立公園内で超絶おすすめしたい「タフトポイント」を紹介します。

タフトポイントは…、



・ヨセミテで知る人ぞ知る絶景スポット

・一歩間違えると死んでしまう崖

・10月中旬頃~5月上旬頃まで雪の影響でクローズ

・センチネルドームトレイルと出発点が同じ



といった内容と併せて、タフトポイントまでの行き方を詳しく紹介します!


この記事はこのような方向けです
  • タフトポイントに行こうと思っている方
  • どのくらいの崖か気になっている方
  • どのくらい絶景が待っているのか知りたい方
  • ヨセミテのハイキングコースを調べている方


▼タフトポイントまでのハイキング体験記についてはこちら


▼タフトポイントに行った旅行記はこちら


スポンサーリンク

ヨセミテ国立公園 タフトポイント(Taft Point)の見どころ

ヨセミテ国立公園 タフトポイント(Taft Point)の見どころ

タフトポイントタフトポイントに行くまでのハイキングは見どころだらけなんですよ!

まず手始めに、私が厳選したタフトポイントの見どころ3つを紹介します!


  1. タフトポイント(足がすくむほどの崖)
  2. タフトポイント(やっぱり足がすくむほどの崖)
  3. タフトポイントまでのハイキング(丸太渡り)


タフトポイント(足がすくむほどの崖)

タフトポイント(足がすくむほどの崖)

タフトポイントは崖だらけの絶景スポット!

崖!崖!崖!崖!とにかく崖!

ヨセミテ国立公園には、他にも崖だらけのスポットはありますが、ここタフトポイントがヨセミテ国立公園の崖で一番有名です。


タフトポイント(足がすくむほどの崖)

頂上はめちゃ広いのに、柵が設置されている場所は、ほんの1ヵ所のみ…。

柵がない場所は、気をつけないと崖下に真っ逆さまなのです…。

あー、恐ろし…。


タフトポイント(やっぱり足がすくむほどの崖)

タフトポイント(やっぱり足がすくむほどの崖)

ここタフトポイントから崖下まで約2,300メートル

キロ換算だと、約2.3キロ。(当たり前)

ここから落ちたらどのくらいの滞空時間なんだろうなぁ~と思いつつ、崖から身を乗り出して写真を撮りました。

はい、わたくし高所大好きなのです!(その自慢はなんだ)


タフトポイント(やっぱり足がすくむほどの崖)

あと、タフトポイントには岩の裂け目が何ヶ所かあります。

落ちたら死んでしまいますので、裂け目には注意してくださいね!


タフトポイントまでのハイキング(丸太渡り)

タフトポイントまでのハイキング(丸太渡り)

タフトポイントに行くには、往復1.5時間ほどのハイキングが必要です。

駐車場に車を停めたら目の前がタフトポイント!だったら楽なんですけどね…。

とはいえ、タフトポイントまでのハイキングは高低差がほとんどない初級のハイキングコースなので楽に行けます。

また時期にもよりますが、タフトポイントまでのハイキング中、何ヵ所か雪解け水による川に遭遇します。

私が行った6月初旬は雪がまだ結構残っていたので、川が多くありましたね。

だいたい川になっている場所には、丸太が横たわってまして、両手を広げバランスを取りながら歩くが楽しすぎてハマりました!


タフトポイントまでのハイキング(丸太渡り)
安定した太い丸太を選んで渡りましょ!


ヨセミテ国立公園 タフトポイントとは

ヨセミテ国立公園 タフトポイントとは

タフトポイントは、ヨセミテ国立公園内で知る人ぞ知る絶景ポイント!

ここタフトポイントにいたっては、絶景ではなく “ 絶叫ポイント ” っていう表現がしっくりくるかもしれませんね。

タフトポイントの概要をまとめました。

この4つさえ覚えておけばタフトポイントを語れますよ!


  • グレイシャーポイントの西側にある絶景ポイント
  • 車でしかいけないの知る人ぞ知るマイナー絶景スポット
  • タフトポイントの標高(崖下まで)は約2,300メートル
  • 大体6月~10月頃にオープンしている(それ以外は雪でクローズ)

参考:Taft Point(英語:Wikipedia)


スポンサーリンク


ヨセミテ国立公園 タフトポイントの場所・行き方

ヨセミテ国立公園 タフトポイントの場所・行き方

タフトポイントの場所、ハイキングの出発地点を紹介します!

ぜひ参考にしてくださいね!


タフトポイントの場所

※スマホで地図内の青字「拡大地図を表示」をタップするとGoogleマップアプリが起動します


タフトポイントは、ヨセミテバレーの中心地から50キロほど離れたところにあります。

超有名な絶景スポット「グレイシャーポイント」の近くです。

なのでタフトポイントに行く時は、グレイシャーポイントと併せて行くと効率的にまわれますね。


センチネルドームに行く出発点もタフトポイントと同じ場所

センチネルドームに行く出発点もタフトポイントと同じ場所

タフトポイントとセンチネルドームの出発点と駐車場は同じ場所にあります。

左に行くとタフトポイント、右に行くとセンチネルドームに行けるので、同じ日に両方行くと効率的にまわれますよ。

合計約5時間でタフトポイント、センチネルドーム両方のハイキングコースをまわれたのですが、相当時間がかかっている方です(苦笑)

理由は写真を撮りまくったからなので、あまり写真を撮らなければ3時間半くらいで済んだかもしれません。

ちなみに私は1日でタフトポイント→センチネルドーム→グレイシャーポイントの順番で、あまり無理なくまわりました。


タフトポイントまでの行き方

タフトポイントまでの行き方

タフトポイントまでは、残念ながらシャトルバスがなく車でしか行けません

なので、タフトポイントを目的にするならツアーではなく、レンタカーを借りてヨセミテ国立公園に来るしか無いんですよね…。

近くにはグレイシャーポイントがあるので、シャトルバスのバス停を作ってくれたら良いのに…、とは思います。

ですが、車でしか行けないことが “ 知る人ぞ知る絶景スポット ” になってるということなんでしょうね。

それはそれでレア感があって良いです。(結局どっちなの)


ヨセミテバレーからタフトポイントまで車のルート

ヨセミテバレーからタフトポイントまで車のルート

私が宿泊したカリービレッジからは車で約1時間の距離でした。

朝8時頃に出発したので、空いていたのかもしれません。

クネクネした山道と場所によっては道幅が狭いので対向車と接触しないように気をつけてくださいね。


注意!そのGoogleマップのルート間違っているかも!

Googleマップのルート検索で、タフトポイントまでのルートを調べた際、間違った結果が表示されることがあるので、注意が必要です!


タフトポイントですが、毎年10月中旬頃~5月上旬頃まで雪の影響でクローズしています。

なので10月中旬頃~5月上旬頃にGoogleマップで、タフトポイントまでのルート検索を行うと雪道を避けた本来行けない間違ったルートが表示されるので注意が必要なのです。


冬にタフトポイントまでのルートを検索

それでは、実際に検索してみたいと思います。

前もってヨセミテ旅行の計画を立てるため、雪でクローズしている3月頃にタフトポイントまでのルートを調べたとします。

例えば、ヨセミテバレーにあるカリービレッジからタフトポイントのルートを3月頃にGoogleマップで検索すると以下のようなルートが表示されるんです。


冬にタフトポイントまでのルートを検索


Googleマップで表示された検索結果を見て驚きました。

カリービレッジから14分でタフトポイントには行けませんし、途中から徒歩ルートになっていますが、そもそも歩いて行けるのか謎すぎます。


Googleマップでタフトポイントまでの正規ルートを調べる方法

タフトポイントまでの正規ルートは簡単に調べることが出来ます。

今回は、スマホのGoogleマップアプリで調べる方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてもらいたいです。


  • 手順01:Googleマップのアプリを立ち上げ、出発地点と目的地(タフトポイント)を入力し検索
Googleマップでタフトポイントまでの正規ルートを調べる方法


  • 手順02:出発時刻と到着時刻を設定
Googleマップでタフトポイントまでの正規ルートを調べる方法


  • 手順03:雪が無い季節(夏頃)にカレンダーを設定
Googleマップでタフトポイントまでの正規ルートを調べる方法


  • 手順04:正規ルートの結果が表示される
Googleマップでタフトポイントまでの正規ルートを調べる方法


この4ステップで、タフトポイントまでの正規ルートが表示されます。

この検索方法は、タフトポイントだけに使えるワザではありません。

冬シーズンはクローズしてるけど、春や夏はオープンしている観光スポットであれば有効に使えるワザなので、覚えておいても損はないですよ!


スポンサーリンク


ヨセミテ国立公園 タフトポイントまでのハイキング 基本情報と評価

総合満足度★★★★★
絶景度★★★★★
混雑度★☆☆☆☆
歩きやすさ★★☆☆☆
レジャーハイキング
ハイキングの距離約4.0(往復)
ハイキングの少時間約1.5時間(往復)
標高差113m
対象年齢8歳以上
駐車場有(無料)
トイレ
必須アイテムトレッキングシューズ、アクションカメラ(GoPro)、広角レンズ
料金1車両(4人まで)あたり$35.00(1日券)

※混雑度は星の数が少ないほど人が少ない、という意味になります


タフトポイントまでのハイキング 総合満足度

ヨセミテ国立公園のハイキングで裏人気No.1(すいません、勝手に私が名付けました)だといわれているタフトポイントまでのハイキング!

以下のような点が個人的には満足度が高いと実感しました。


  • タフトポイントの絶景(絶叫)スポットに行ける
    崖だらけのスポットはなかなか珍しい
  • 森林浴が気持ちいい
    森の中を抜けるハイキングなので日陰もあり、木々に癒やされる
  • 人が少なめ
    私が行った6月の初旬は午前中だったのですが、私より前には2組くらいしかいませんでした
  • 家族でワイワイ楽しめるハイキングコース
    お子さん、ご年配の方も歩いていました


タフトポイントまでのハイキング 絶景度

タフトポイントまでのハイキング 絶景度

タフトポイントまでのハイキングは、様々な景色を楽しむことができます。

ハイキングコースを歩いていくと森だけじゃなく、川や岩の多い場所、そして森を抜けたら断崖絶壁の景色と全く飽きませんよ。


タフトポイントまでのハイキング 混雑度と歩きやすさ

タフトポイントまでのハイキング 混雑度と歩きやすさ
舗装はされておらず土の道がほとんど

私が行った時期は6月初旬、タフトポイントのハイキング出発点からスタートした時間帯は午前9時頃。

歩き始めると私の周りには、他のハイカーが1組しかいない状況でした。

やっぱり車でしか来れない絶景スポット & ハイキングコースなだけあって、人が少ない!プライベート感ありまくり!という印象。

周りに人がいないので、写真をゆっくり撮れるし、自分のペースで歩けるので本当に最高なハイキングコースでしたね。


タフトポイントまでのハイキング 混雑度と歩きやすさ
思ったよりも雪が残っててビックリ

土の道、雪の道、川の道、この3つがタフトポイントに行くまでに通る道です。

なので、舗装されているハイキングコースに比べると当然歩きにくさはあります。

ちょっと予想外だったのは、6月なのに雪がかなり残っていたこと!

ところどころではなく、ハイキングコースの半分くらいが雪の道でした。

とはいえ、早朝に行ったので雪は溶けておらず、ちょっとだけシャーベット状になっている雪の上をサクサク歩いていきました。

雪が積もっている時期だと、昼頃になると地面が土と雪でグチャグチャになっていそうなので、ハイキングコースのコンディションが分からない場合は、早朝に行くことをおすすめします!


タフトポイントまでのハイキング 混雑度と歩きやすさ
川の場所は丸太が橋のようになっています

雪解け水が流れて川になっているので、そこを濡れないようにゲーム感覚で歩く「自分ルール」のハイキングを楽しんでいました(笑)

濡れないように注意して川の場所は通ってくださいね!


タフトポイントまでのハイキング 楽しめる対象年齢

タフトポイントまでのハイキング 楽しめる対象年齢

タフトポイントまでのハイキングだけでなく、「ヨセミテ国立公園を楽しむのに、対象年齢はありません!

ヨセミテ国立公園の楽しみ方は、大きく3つに分類されます。


  • 絶景スポットで写真撮影 & のんびり
  • ハイキング(初心者コース~上級者コースまで様々)
  • 特に目的もなく自然をのんびり散策


楽しみ方次第では、小さなお子さんがいてもご年配の方でも楽しめるんです!

とはいえ、タフトポイントは何歳でも行けるの?と聞かれたら、 “ 8歳くらい(小学校2年生)だったらOKですかね~ ” と答えます。

理由はそのくらいの子どもたちが元気にタフトポイントまで到着していたからです。

ちなみに近隣にある有名な国立公園として、デスバレー国立公園がありますけど、あまりにも過酷すぎてお子さんがいる場合はおすすめできないですね。

私は大好きな国立公園ですけど(苦笑)


▼デスバレー国立公園の観光スポットについてはこちら


タフトポイントの駐車場

タフトポイントの駐車場

私がタフトポイントに行ったのは、6月初旬で9時頃に到着しましたが、既に満車でした。

20台くらいしか停められないので仕方ない気もします。


タフトポイントの駐車場

駐車場に停められない場合は、近くの路肩に停めるしかありません。

既に私以外に5台くらいが停めていました。


タフトポイントの駐車場

タフトポイントから戻ってくると路肩に40台くらい停まっていました。

タフトポイントは、無料のシャトルバスが通っていないルートなので、車で行くしか無いのですが、明らかにキャパオーバーですよね。

どちらにしても駐車場に停められない場合は、道路の邪魔にならないよう路肩に停めてくださいませ。


タフトポイントのトイレ

タフトポイントのトイレ
私が利用しようとしたら2人並んでいました

タフトポイントまでのハイキング中にトイレはありません…。

スタート地点の「タフトポイント トレイルヘッド」に1ヵ所あるだけです。

なので、スタート前にトイレを済ましてからハイキングに行きましょう!ということですね。

ちなみに私が行った時は朝早かったので、トイレはあまり汚れていませんでした。

やっぱり国立公園のトイレは遅い時間になるほど汚れが酷くなるので、できれば利用したくないです(苦笑)

あっ、そうだ!

水道が通っていないので、手洗い場はありません。

ウェットティッシュは必須ですよ。


※スマホで地図内の青字「拡大地図を表示」をタップするとGoogleマップアプリが起動します


スポンサーリンク


ヨセミテ国立公園 タフトポイント 必須アイテム【全3つ】

ヨセミテ/ミスト・トレイルの必須アイテム【全4つ】

タフトポイントまでのハイキングを楽しむ為に、絶対に持っていってもらいたい3つのアイテムがありますので紹介します。


必須アイテム:トレッキングシューズ

必須アイテム:トレッキングシューズ
トレッキングシューズのおすすめポイント
  • 足の中、足首まで固定されるので疲れにくい(ケガ防止)
  • 靴底の裏に深い溝があるので、地面を “噛んでくれて” 歩きやすい
  • 完全防水だと濡れない

タフトポイントまでハイキングをする場合は、登山靴が必須です。

タフトポイントまでのハイキングは、土の地面だけじゃなく、シーズンによっては雪、川を通る必要があります。

スニーカーで行けなくもないですが、雪道や川の近くは歩くと滑ってしまうので、きちんとした溝のあるトレッキングシューズがおすすめですね。

それはタフトポイントまでのハイキングに限ったことではなく、日本でも世界でもハイキングをする時はトレッキングシューズをおすすめしたいです。

悪路の歩きやすさが全く違いますよ!


必須アイテム:アクションカメラ(GoPro)

必須アイテム:防水カメラ(GoPro/アクションカメラ)
Amazonで評価の高かったアクションカメラを購入

私はハイキング中に一眼レフ、スマホ、そしてこのアクションカメラを使い分けて写真を撮ったり、動画を撮ったりしています。

スマホでも動画を取ることはできますが、グリップ付きのアクションカメラの方が安定して、手軽に撮影できるのでいつも重宝しています。

アクションカメラの代名詞はGoProですよね。

ただ、ちょっとお高めなのがネックという方、安心してください!

GoProは高価でも最近は、そこそこ使える安いコスパ良しの “ GoProもどき ” がたくさんAmazonに出品されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


必須アイテム:防水カメラ(GoPro/アクションカメラ)

ちなみにアクションカメラは手のひらサイズ(私の手は女性よりも小さい…)なので、荷物にもなりませんよ。

ちなみに私が購入したこのカメラは、Amazonで¥10,000でした。

本家GoProと比較すると画質は劣りますが、最低限の機能と画質なので、まぁ~そこそこ満足しています。


Crosstour ビデオモード 映像の画質

Crosstour ビデオモード 映像の画質

実際に私が購入したアクションカメラ「Crosstour」で撮影した映像の画質はこんなカンジです。

アクションカメラは広角(横に広い)に撮れるので臨場感のある映像や写真になる点が特徴なんですよ。

うん、キレイに撮れてますね。


Crosstour カメラモードの画質

Crosstour カメラモードの画質

アクションカメラのカメラモードは、背景が “ 円 ” になる特徴的な面白い写真が撮れます。

画質もキレイなので満足ですね。


▼Crosstourアクションカメラ(Amazon)


必須アイテム:広角レンズ

必須アイテム:広角レンズ

広角レンズとは標準レンズと違い、“ 写真で撮れる範囲が広くなるレンズ ” です。

タフトポイントに限らずですが、ヨセミテ国立公園の絶景スポットは、とにかく景色が広い!

標準レンズだと全く景色が入り切りません。

なので、写真撮影をされる方でしたら、絶対に広角で撮れる「広角レンズ」を持って行ったほうが良いです。

ちなみに広角レンズには、大きく2種類あります。


  • 広角レンズ
  • 超広角レンズ


必須アイテム:広角レンズ

私は一眼レフに超広角レンズを装備して、写真を撮りまくっています。

実際は超広角レンズでも収まらないくらい壮大な景色がアメリカ国立公園なんですけどね(苦笑)

それでも標準レンズよりは “ 広く ” 撮ることができるので満足しています!

広角レンズは、一眼レフだけじゃなくiPhoneやAndroidのスマホ等に後付けできるレンズキットもありまして、Amazonや楽天で販売しています。

ご自身が持っているカメラに併せて、広角レンズを検討してみてくださいね!

これまでと全然違う写真が撮れますよ!

ちなみに私が買ったレンズはニコン用です。

キャノンの一眼レフ用もありますので、参考にしてくださいね!

とにかくコスパ最高の化け物レンズです!


▼TAMRON 超広角ズームレンズ AF10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD ニコン用 APS-C専用 B023N(Amazon)


タフトポイントも広く撮ることができました

超広角レンズは、広い景色を出来るだけそのまま写すことができるので、旅行好き & 写真好きの方には必須アイテムですよ。


スポンサーリンク


ヨセミテ国立公園 タフトポイントの注意点

ヨセミテ国立公園 タフトポイントの注意点

タフトポイントとタフトポイントまでのハイキングで注意点が3つあります。


  • こまめな水分補給
  • 紫外線対策
  • 崖からの転落


この3点については、ぜひ注意してタフトポイントを楽しんでほしいです!


水を2リットル持参しよう

ハイキング中は、体調管理の為に水分摂取を細かく行うのが鉄則です。

喉が乾いた状態では、脱水症状が始まっている可能性があります。

なので、 “ ちょこちょこ休憩、ちょこちょこ水分補給 ” これを合言葉に無理せず水分を補給しながらハイキングを楽しんでくださいね。

水はヨセミテ国立公園内の売店でも買えますが、少しでも節約したい方は、事前にスーパー(ウォルマートやターゲット等)で購入して、ヨセミテ国立公園に来るのが良いかと思います。


紫外線対策は入念にしよう

ヨセミテ国立公園は紫外線が強い!

タフトポイントは、ヨセミテ国立公園内にあるハイキングコースの中でも森の中を抜けるコースなので、あまり直射日光は浴びません。

それでも紫外線は確実に肌まで届いていますので、きちんと紫外線対策をしましょう。

ぜひ、帽子着用、日焼け止めの塗り忘れが無いようにしてくださいね。


崖からの転落には要注意

タフトポイントは、柵が1ヵ所しかない崖に囲まれた絶景スポットです。

実はここタフトポイントは、過去に何人も落ちて亡くなっている人がいます。

最近の事故を2つ紹介します。


2018年10月25日 男女二人が崖から落下

インド人夫妻が、崖の縁ギリギリで自撮りをしようとして崖から落下したとか…。

「インスタ映え」を狙うことは否定しませんが、落ちたらダメですよ…。


▼インスタ映えを追求して命を落としたカップル ヨセミテ国立公園の崖から落下



2015年5月16日 世界的冒険家が墜落死

世界的冒険家のディーン・ポッター氏ら2名がタフトポイントからウイングスーツを着たベースジャンプを行い、岩に衝突して亡くなったとのことです。

先ほどのインスタ映えを狙った死亡事故とは違い、こちらは著名な冒険家がスポーツをして亡くなった事故。

ベースジャンプは、そもそも危険が伴いますので、いつ死んでもおかしくは無いのですが…。


▼世界的冒険家のディーン・ポッター氏が墜落死


ヨセミテ国立公園の料金

ヨセミテ国立公園の料金
年間パスポートはカード形式です

ヨセミテ国立公園に入園するためには、1車両(4人まで)の乗車で、 “ $35.00の料金 ” が必要となります。
※アメリカ国立公園の料金は、人数じゃなくて “ 1車両あたりの人数 ” で決まる

またアメリカ国立公園のチケットは2種類あります。


  • アメリカ国立公園の年間パスポート
  • 国立公園内の入園チケット(都度購入)


アメリカ国立公園のチケットは、 “ 何ヶ所の国立公園に行くのか ” で、お得度合いが大きく変わります。

私は現地で購入する手間と複数の国立公園をお得に周遊したいので、年間パスを購入しました。

購入方法やどれだけお得かについては、別記事でまとめていますので、参考にしてくださいね。


▼アメリカ国立公園年間パス購入の記事はこちら


まとめ:ヨセミテ国立公園 タフトポイント

まとめ:ヨセミテ国立公園 タフトポイント

この記事では、タフトポイントとタフトポイントに行くまでのハイキングコースについて紹介しました。

最後にまとめましたので、おさらいしましょう。


  • 断崖絶壁の崖だらけ
  • 高所恐怖症には絶対に無理
  • ヨセミテで知る人ぞ知る絶景スポット(人が少ない)
  • 車でしか行けない
  • 10月中旬頃~5月上旬頃まで雪の影響でクローズ


タフトポイントは、人工的な整備が殆どされていない絶景スポットです。

ハイキングも初心者向けのコースになっているので、おすすめポイントが揃っています。

ヨセミテ国立公園内でもおすすめのハイキングコースなので、ぜひトライしてくださいね!

それでは!

アメリカ大好き、ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!


▼タフトポイントまでのハイキング体験記についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました