ロサンゼルス国際空港(LAX)でレンタカーを借りる方法!

ロサンゼルス国際空港(LAX)でレンタカーを借りる方法! アメリカ ロサンゼルス
スポンサーリンク

こんにちは!

アメリカ大好きハーフブロガーのジャッキーです!

わたくしジャッキーはこれまで、アメリカに20回以上行き、レンタカーを利用しています。

アメリカで観光する場合、ツアーと併せてレンタカーも選択肢に入ってきます。

なぜなら、アメリカは日本のように鉄道網が充実していないからです…。

そんな鉄道網が充実していないロサンゼルスで、私が初めてレンタカーを借りた時に、こんな思いをしました。



・シャトルバスってどこで乗れるの?

・書類はこれで足りてる?

・借りる時、勝手にオプションをつけられないかな?



この記事では、ロサンゼルス国際空港のレンタカーに関して、以下3点について紹介します。



・シャトルバスの乗り方、行き方が分かる

・借りるために持参すべき書類が分かる

・借りるための手順が分かる


この記事はこのような方向けです
  • 初めて海外でレンタカーを借りる方
  • 初めてロサンゼルス国際空港でレンタカーを借りる方
  • 持参すべき書類や免許の最終確認をしたい方


それでは、詳しく紹介しますね!


スポンサーリンク

ロサンゼルス国際空港でシャトルバスに乗ってレンタカー営業所まで行く方法

トムブラッドレー国際線ターミナル

日本からロサンゼルスに来ると、ほとんどの場合がこのトムブラッドレー国際線ターミナル(Tom Bradley International Arrivals)に到着します。

ターミナルに到着しましたら、トイレを済ませ、まず外に出ましょう。


レンタカー会社のシャトル乗り場

レンタカーシャトルの看板

外に出ると、紫色の車のマークに白字で「Rental Car Shuttles」と記載された看板がありますので、ここで待ってくださいね。

5分~10分くらい待つと、各社レンタカー会社のシャトルが来ます。

自分が事前予約しているレンタカー会社のシャトルに乗り、営業所まで連れて行ってもらいましょう。

ちなみに、営業所までの送迎シャトルは “無料” ですのでご安心を。


トムブラッドレー国際線ターミナル外(外周)の地図

トムブラッドレー国際線ターミナル外(外周)の地図です。

実物の看板と一緒で、地図上に表記されている「紫色の車と鍵のマーク」がシャトルバス乗り場ですよ。

※各ターミナルの外には、必ずシャトルバス乗り場があります


事前予約したシャトルを待ちましょう

エイビスのシャトル
エイビスのシャトル

ハーツのシャトル
ハーツのシャトル
ダラー、スリフティーのシャトル
ダラー、スリフティーのシャトル

このように、シャトルバス乗り場で待っていると途切れること無く、色んなレンタカー会社のシャトルバスが到着します。

私がよく利用するダラー(Dollar)は、スリフティー(Thrifty)と合同のシャトルバスですので、お間違いの無いように注意してくださいね。

ちなみに、有名どころのレンタカー会社のシャトルバスは全て運行していましたよ。

・アラモ(Alamo)
・エイビス(Avis)
・バジェット(Budget)
・ダラー/スリフティー(Dollar/Thrifty)
・ハーツ(Hertz)


シャトルバスに乗って、レンタカー営業所に行こう

シャトルの中

シャトルバスに乗ると、大体10分~15分程度でどのレンタカー営業所に到着します。

ちなみに、ダラー/スリフティーのシャトルバスに乗った場合、車内アナウンスでどの営業所が先着か案内してくれますので、ご安心くださいませ。

私が乗った際は、ダラーが先、スリフティーが後でした。

スポンサーリンク


レンタカーを借りる際に必要な書類

レンタカーに借りる際に必要な書類等について説明します。

結論としては、全4つの書類や免許証が必要です。

  1. パスポート
  2. 日本の免許証
  3. 国際免許証 もしくは 免許翻訳サービスの書類
  4. 予約確認書


パスポート

ロサンゼルスに到着後、即レンタカー営業所に向かうことになると思うので、パスポートを忘れる心配は無いと思います。

ですが、ロサンゼルス国際空港のレンタカー営業所以外で借りる場合は、注意が必要です。

私の失敗談を少し話します。

ラスベガスでレンタカーを借りようとした際、ホテルのセキュリティボックスにパスポートを保管していたことをすっかり忘れていた私は、手元にパスポートが無い状態で借りに行ってしまいました。

最初は「パスポートが無いと貸せない!」の一点張りだったのですが、クレジットカードやローマ字で印字されているレンタルビデオ店のポイントカード等を提示したところ、渋々貸してくれました。

あまり例の無い失敗かもしれませんが、外国で身分証明をする手段は、パスポートが一番なので忘れずに持参しましょう。


日本の免許証

これは盲点だと思います。

海外では効力が無いと思われている日本の免許証ですが、きちんとしたライセンスとして認められています。

アメリカ(カリフォルニア州・ハワイ州・グアム・サイパン)、パラオ、この5ヶ所は日本の免許証だけで運転することが可能なほどです。

レンタカーを借りる際は、必ず提示するように求められますので、パスポートと同様に忘れずに持参してくださいね。


国際免許証 もしくは 免許翻訳サービスの書類

国際免許証
国際免許証
免許翻訳サービスの書類
免許翻訳サービスの書類

海外で運転する際は、殆どの国で国際免許証が必要となります。

ですが、アメリカ・カナダ等、一部の国で運転する際は、レンタカー会社が日本の免許証をWeb上で翻訳するサービスを行っています。

私達は、Web上で翻訳された画面を印刷して持っていくだけでOKです。

ちなみにダラーやハーツは、この免許翻訳サービスは無料で利用できますので、国際免許証の発行手数料¥ 2,350がかからないので、お得です。

免許翻訳サービスに関する詳しい説明は、別記事でまとめていますので、ぜひ確認してくださいね。


予約確認書

予約確認書

レンタカーをインターネットで申し込んだ際、どのレンタカー会社も「予約確認書」の案内が、事前に登録したメールアドレス宛に届きます。

予約確認書を印刷するか、スマホやタブレットで予約確認書を表示し、受付窓口で見せればOKです。

ただ…、確実性を考えるなら、印刷するほうが安心ですね。

スポンサーリンク


レンタカー営業所で借りる手順と注意すべきこと

ダラー営業所窓口


借りる際に注意すべきこと

借りるための手続きは、窓口もしくはチェックイン端末で行います。

個人的にはチェックイン端末がおすすめです。(使わせてくれないこともあります)

理由は、窓口での営業攻勢が面倒だからです。

 ・車種のグレードを上げないか?
 ・もっと手厚い保険に入らないか?

大体この2つは、おすすめされますね。

ただ、申し込んだ車種と保険については、日本できちんと調べていると思いますので、現地で勧められるがままにアップグレードするのは注意が必要です。


借りる際の手順

それでは、借りる際の手順を紹介します。

  1. 窓口もしくはチェックイン端末の順番に並ぶ
  2. 4つの書類、免許証を準備する
  3. 窓口で手渡し手続きを完了させる
  4. 駐車場に行くよう指示され、該当の車を探す
  5. 車を見つけたら(乗る車を選んだら)傷が無いかチェックする
  6. 傷があれば、念の為に写真を撮っておく

大きくは、この6つの手順になります。

手続きを終えると、明細が発行されますので、日本で申し込んだプランと金額と合っているか確認しましょう。

レンタカー明細


駐車場に行くよう指示され、該当の車を探す

手続きが終わり、駐車場に出るよう促されるわけですが、ここで幾つかのパターンがあります。

  • パターン1:予め車が決まっている
  • パターン2:駐車場の中(予約したグレードの中)から好きな車を選ぶ
  • パターン3:駐車場の中(予約したグレードよりも上)から好きな車を選ぶ

私は、3パターンとも経験していますが、パターン3に当たった時は嬉しかったです(笑)

なにせアップグレードの追加費用無しに、予約したグレードよりも良い車が乗れるのですからね。

ただ、個人的な経験ですが、パターン2が圧倒的に多いです。


車を見つけたら(乗る車を選んだら)傷が無いかチェックする

ALTIMA正面
ALTIMAバック

レンタルする際に必ず加入すべき保険が「LDW(Loss Damage Waiver/車輛損害補償制度)です。

この保険に入っていれば、車の本体に傷があっても(傷をつけても)保険でカバーされるので、返却時に何も言われません。

ただ、借りる場所は海外です。

自分の身は自分で守る” が鉄則なので、目立った傷があれば、念のために写真を撮っておきましょう。

撮っておいて損はありませんよ。


ドライブの準備をする

レンタカー

乗る車が決まったらドライブする為の準備をしましょう。

  • ナビ(Googleマップ)の設定
  • 音楽を聴く為に、スマホと車をBluetoothで接続する
  • 飲み水や眠気覚ましのガムを手の届く範囲に置く
  • 日焼け止めを塗る
  • サングラスを用意する

この5つは必須ですね。

快適かつ安全にドライブをするために、自分なりのセッティングを考えて、準備しましょう。


営業所のゲートを通過してドライブスタート

ロサンゼルスのフリーウェイ

ナビの設定も終わり、出口に向かうと最後のゲートがあります。

ここで以下、2つ提示しなければいけません。

  • 支払いに使ったクレジットカード
  • 予約確認書

係りの人がチェックし終えると、いよいよドライブ開始です。

スポンサーリンク


まとめ

この記事では、ロサンゼルス国際空港でレンタカーを借りるための大事な情報をお伝えしました。


  • シャトルバスに乗ってレンタカー営業所まで行く方法
  • レンタカーを借りる際に必要な書類
  • レンタカー営業所で借りる手順と注意すべきこと


この大事な3つの情報さえ、事前に確認してもらえれば、問題なくレンタカーを借りることができます。

それでは安全運転で、アメリカのレンタカー旅を楽しんでくださいね。

以上、ジャッキーでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました