デスバレーにレンタカーで行くならホテル「A ナイツ・イン」がおすすめ!

デスバレーにレンタカーで行くならホテル「A ナイツ・イン」がおすすめ! アメリカ リッジクレスト
スポンサーリンク

こんにちは!

アメリカ大好きハーフブロガーのジャッキーです!

わたくしジャッキーはこれまで、アメリカに20回以上行ってまして、色んなホテルに泊まりました。

今回はロサンゼルスとデスバレーの中間地点にある、リッジクレストの格安ホテルについて紹介します。

結論としては…、



・コスパ的にはまずまず

・めちゃキレイ好きの方には厳しいかな…

・デスバレーに行くには最適の場所


といった内容を詳しく紹介します!


この記事はこのような方向けです
  • デスバレーにレンタカーで行く方
  • リッジクレストで格安ホテルを探している方
  • リッジクレストのホテル情報が少なくて困っている方


スポンサーリンク

デスバレー周辺で格安ホテルに泊まりたいなら「A ナイツ・イン」がおすすめ!

リッジクレストホテル

泊まった感想としては、「値段の割には悪くない」です。


ホテルの評価

宿泊費(私が支払った額)¥6,071(宿泊した時期:2019年6月1日)
宿泊費(大体の費用感)¥3,500~¥6,500(8月でも¥4,000程度)
総合満足度★★★☆☆
清潔度★★★☆☆
お湯の出やすさ★★☆☆☆
水はけの良さ★★★★☆
Wi-Fiの速度★★☆☆☆
エアコンの効き★★★★☆
接客★★★★★
食事無し


A ナイツ・インの場所

A ナイツ・インは、リッジクレストの中心街にあり、近くにはスターター・ブロスマーケット(Stater Bros. Markets)という大きめなスーパーもあり立地は抜群!

デスバレー隣接しているホテルは便利なのですが、宿泊代もそれなりにかかってしまいます…。

少しでも宿泊費を抑えたい場合は、リッジクレストでホテルを探すとデスバレー付近で宿泊するよりも1/3程度で泊まることができますよ。

 ※ロサンゼルス~デスバレー間で、ホテルがある最後の街はリッジクレストです


A ナイツ・イン(リッジクレスト)からデスバレーまでの経路

A ナイツ・インからデスバレーまでは、約2時間のドライブです。

途中にガソリンスタンドもありますし、翌日デスバレーに行くのであれば最適なロケーションです。

スポンサーリンク


A ナイツ・イン 部屋の中、設備を紹介

リッジクレストホテル


室内:ベッド

リッジクレストホテルのベッド

クイーンサイズのベッドです。

スプリングは柔らかめで、私は好きなタイプでしたが、固め好きな方はツラいかもです。

両隣に荷物(小物)置きとアラームがありました。


リッジクレストホテルのベッド

ベッドの横に鏡とコーヒーメーカー等が置いてあります。


リッジクレストホテルのベッド

これはお伝えしないといけない情報ですね。

掛け布団に幾つかのシミがありました。

格安ホテルにはありがちなのですが、気にする人は気になるポイントだと思います。

にしても紫色のシミってなんなんでしょうか…。


リッジクレストホテルのベッド

こっちは、黒いシミですね。

ちなみに、マットレスのシーツには全くシミがありませんでしたので、ご安心を。

あと掛け布団、マットレス共に無臭でしたよ。


室内:エアコン

ベッドのすぐ横にエアコンが設置されています。


リッジクレストホテルのエアコン

部屋に入った時から動いていました。

リッジクレストは、砂漠地帯なので昼間と夜の寒暖差が激しいので、エアコンが必須です。

今回は、21時にチェックイン、5時にチェックアウトしたので、暖房しか使っていません。

元々冷房設定でしたが、暖房設定に切り替えたところ温かい空気が出たので良かったです。

ただ…、昼間は冷風が出るのか謎ですね(苦笑)

というのも前にペイジという街で格安ホテルに泊まった際、全く冷房が出なかったので宿の主人に状況を説明したら「外の気温が40℃超えてるだろ?そりゃ、無理だよ!」と言われ、渋々納得した経験があります。

そういう時は、近くにあるショッピングセンターのフードコートに避難してくださいませ。


室内:その他設備

リッジクレストホテルの設備

ベッドの横に机がありまして、コーヒーメーカー大きめの鏡がありました。

コンセントもありますので、この机を使ってスマホやカメラの充電ができます。


リッジクレストホテルのクローゼット

鏡の横に大きめのクローゼットがありました。

十分な大きさですね。

スポンサーリンク


水回り:お風呂(シャワー)

結論から言いますと、10分弱くらいかかってようやくお湯が出ました。

海外のホテルは、タンクにお湯を貯めるタイプが殆どなので、夕方~夜にかけては宿泊客がお湯を取り合うようなイメージになります。

なので、個人的にはお湯が出ただけで満足です(笑)

また、部屋によってお湯が出る、出ないもありますので、過去に何度か部屋を変えてもらったこともありますね。

ちなみに、海外ではお湯が出ないことが普通にありますので、どのランクのホテルであってもスムーズにお湯が出たらめちゃハッピーな気持ちになります(笑)


個人的に驚いたのが、水はけの良さです。

ほとんどの格安ホテルは、水はけが悪いのですが、このホテルは別格でしたね。

お湯がスムーズに流れていく様を眺めながら少し感動しました。(若干言い過ぎ)

とにかく、格安ホテルでありがちな、“シャワーを浴びている最中は足首まで汚いお湯が貯まる” ということはなかったので良かったです。

清潔にシャワーを浴びることができますよ。


水回り:洗面所

リッジクレストホテルの洗面所

洗面所ですが、清潔感もありとてもシンプル!

コンセントや鏡が無いところが格安ホテルらしいです(苦笑)


リッジクレストホテルの洗面所

ピカピカに磨かれていますね。

普通に使う分には全く問題ないです。


リッジクレストホテルのアメニティ

数少ないアメニティの紹介です。

ホテル予約サイトのアメニティ情報には載っていませんでしたが、石鹸と使い捨てシャンプーがありました。


水回り:トイレ

リッジクレストホテルのトイレ

流した際も問題なく、ちゃんと掃除がされており清潔でした。

スポンサーリンク


食事

リッジクレストで食事

素泊まりだったので、食事はついていません。

ホテルのオーナーにおすすめのお店を聞いたところ、ホテルの裏にある徒歩1分の中華料理屋が美味しいと教えてもらい行きました。

確かにめちゃ美味しくて、日本人の味覚にもバッチリ合います。

中華料理屋のレビューは、旅行記に書いてありますので併せて読んでくださいね。


▼リッジクレストでの食事も紹介している記事はこちら


まとめ:泊まった感想

この記事では、リッジクレストにある格安ホテルの情報を紹介しました。

結論としては、コスパ重視ならありです。

リッジクレストに泊まる方は、デスバレーやヨセミテに行かれる方だと思います。

お金をうまく節約して、アメリカ旅を満喫してくださいね。

それでは!

アメリカ大好きジャッキーでした!


コメント

タイトルとURLをコピーしました