与論島 高千穂神社からのプチ絶景は一見の価値あり!

与論島の高千穂神社 与論島観光
スポンサーリンク

こんにちは!

与論島生まれ、与論島育ちのジャッキー(@jacky_top_2019)です!

今回は、あまり観光客の方に知られていない与論島のプチ絶景スポットを紹介します!

ここは、地元の人もあまり行かない場所なので、海以外で一人の時間を過ごすってことなら、完全におすすめです。


高千穂神社は…



・与論島のプチ絶景スポット

・観光スポットとして有名じゃない

・与論島をノンビリ見渡せる


といった内容を紹介します!


スポンサーリンク

与論島 高千穂神社とは?

神社

高千穂神社は本殿含め、かなり殺風景というか何にもない状態ですね。

昔は、周りに木が生い茂っていましたが、台風の影響で倒木したり、工事をしたりで今の状態になりました。



天祖天照大神の御神勅を畏み戴き三種の神器を捧持して高千穂峯に天降り、天壌無窮の皇基を建てられた我が国肇国の祖神天津日高彦火瓊々杵尊を奉斎する。
鎮座地は与論島の中央大字足戸字高屋にあり、王政復古を記念に高千穂神社を創建し、報本反始の誠を捧げ皇室の御繁栄国家の隆昌を祈り、且つ島中の御守護を祈願するため、明治元年に神社敷地設定及び社殿造営の協議決定がなり、二年春与論在所詰役面高興藏が鹿児島より祭神を勧請、御神体を奉戴して帰島した。当日島内の官公署役職員民衆は、茶花港海岸へ奉迎し高屋の御社殿へ供養して鎮祭奉祀した。

出典:鹿児島県神社庁HP


難しい言葉の羅列ですね…。

意味するところは、「与論島の高地に、鹿児島から神社で拝むべき対象を運び、供養した」ということでしょうか。


木が生い茂っていた頃の高千穂神社

与論島

数年前の写真には、木が生い茂っている雰囲気がまだ残っていました。

こう見ると生い茂ってますね。


神社なのに絶景?

はい、そうなんです、そこそこ絶景なんです!

ほらね!

本殿の裏がプチ絶景スポットになってて、ここで座りながらアイスを食べるとスゴく気持ちいいんです。

人もほとんど来ないので、ここでぼーっと、本を読んだりスマホを触ったりしてのんびりすることもできますよ。


スポンサーリンク


高千穂神社ってどこにあるの?

以前は、Googleマップ上に高千穂神社があったのですが、Googleマップが改悪された結果、Googleマップ上から高千穂神社が消えました。

なので、ピンを挿してある箇所が高千穂神社です。

分かりやすくいいますと、与論中学校の裏ですね。


まとめ:与論島 高千穂神社

与論島には、百合ヶ浜や与論城跡のように有名な観光スポット以外にも自然の中でリラックス出来るようなスポットがまだあるんですよね。

レンタカーやレンタサイクルで、与論島をまわって自分だけの癒やしスポットを見つけてくださいね!

それでは!

ジャッキーでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました