与論島の8K絶景映像が世界を魅了? いざポルトガルへ!

与論島の8K絶景映像が世界を魅了? いざポルトガルへ! 与論島豆知識
スポンサーリンク

こんにちは!
ジャッキーです!

まずは、与論島を超高解像度の8Kで撮影した映像を観てもらえますか?


Yoron Island Japan in 8K HDR – 与論島


スポンサーリンク

与論島の映像が日本国際観光映像祭で初代グランプリを獲得

与論島の映像が日本国際観光映像祭で初代グランプリを獲得

日本初の国際観光映像祭(同実行委員会主催)が3月13、14の両日、大阪工業大学梅田キャンパスで開催された。国内外から集まった224作品のウチ、与論島の魅力を映した「Yoron Island Japan in 8K 与論島」(氷川優樹監督)が日本部門でグランプリに輝いた。

※出典元:南海日日新聞社Web

今年から開催されることになった、日本国際観光映像祭の日本部門で見事初代グランプリの座に輝きました。

賞を獲る前からこの映像自体は、YouTubeにアップされていて、私が観た時点で100万再生を超えてたのでめちゃ驚きましたよ。

グランプリを獲得したので、2019年10月にポルトガルで開催される「ART & TUR」に招待され、上映されることが決定しています!

ちなみに与論島の映像は、グランプリ以外にもベストフィルム賞も受賞していました。
 ※参照:日本部門受賞結果


気になって調べてみた! 日本国際観光映像祭とは??

日本国際観光映像祭は、今回が第1回目の映画祭なので、どういう趣旨・内容か調べました。

  • 主催:日本国際観光映像祭実行委員会
  • 代表:和歌山大学 木川剛志先生
  • 協力:DJI JAPAN株式会社
  • 後援:観光庁、各県の観光振興機構、等…

民間企業、官公庁や県といった国も巻き込んだ “産学連携” の映画祭なのですね。

8Kの映像がグランプリに輝いたので、メディア関係の会社も入っていたと思いましたが全く入っていません。

この映画祭の趣旨を考えるとこのような期待がかかっていますね。

  • 8Kを推進したい
  • インバウンドの観光客を誘致したい

この映画祭には是非とも成功してもらって、与論島だけじゃなく、まだ日の目を見ていない観光地にも外国人がたくさん来て欲しいですね。


DJI社にかかる期待は大きい

DJI社にかかる期待は大きい

DJI社が、日本国際観光映像祭の協力を行っていることに、大きな意味があると思いました。

DJI社のイメージ=ドローンなので、第2回開催ではより多くのドローンの映像を期待します。

※ドローンにおけるDJI社の世界シェアは72%で断トツのNo.1
   ※参照:DJI dominates drone industry with a 72% global market share

また、DJI社はドローンだけでなく、GoProの独占状態だったアクションカメラの市場にも参入しています。

今後、日本国際観光映像祭がこれまでの映像祭ではなく、観光スポットに特化した最先端のカメラ映像の祭典になることを願っています。

それでは!

ジャッキーでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました