ヨセミテの超穴場な絶景スポットをこっそり紹介!【センチネルメドー】

こんな絶景なのになんでマイナーなの? アメリカ ヨセミテ
スポンサーリンク

こんにちは!

ヨセミテ大好きハーフブロガーのジャッキー(@jacky_top_2019) です!

わたくしジャッキーはこれまでアメリカに20回以上、10以上の国立公園に行ったことがありまして、その経験を活かし、本記事ではヨセミテ国立公園の絶景スポット「センチネルメドー」について紹介します!

センチネルメドーは…、



・おすすめの絶景スポット

・ガイドブックには載っていない

・地元でも有名じゃないスポット

・午前中に行くと空いている

・残念ながら車でしか行けない



といった内容を詳しく紹介します!


この記事はこのような方向けです
  • ヨセミテ国立公園の観光スポット/絶景スポットで、どこに行ったら良いか迷っている方
  • ヨセミテ国立公園の穴場情報を知りたい方
  • 3度の飯より絶景スポットがお好きな方


▼センチネルメドーに行った旅行記はこちら


スポンサーリンク

ヨセミテ国立公園 センチネルメドー(Sentinel Meadow) の見どころ

ヨセミテ国立公園 センチネルメドー(Sentinel Meadow) の見どころ
木の道が良いアクセントになって良い写真が撮れます

センチネルメドーの見どころは、“ 4ヵ所の見どころ ” を一気に堪能できるところですね。

草地には入っては行けないのですが、草地を分断するように伸びている木の道は奥まで歩いていけるので、簡単なハイキング気分も味わえます。


  • ヨセミテ滝
  • エル・キャピタンばりの一枚岩
  • 一面に広がる草地(メドー)
  • 木の道を歩いて奥まで行ける


ヨセミテ国立公園でも人気のある「ヨセミテ滝」をのんびり眺められる場所としてもおすすめですよ。


ヨセミテ国立公園 センチネルメドーの場所・行き方

ヨセミテ国立公園 センチネルメドーの場所・行き方

センチネルメドーまでは、残念ながらシャトルバスが通っていないので、車(レンタカー)で行くしかありません。

ヨセミテ国立公園で人気のある安価なホテル「カリービレッジ(Curry Village)」から、混んでいなければ15分ほどで着きますよ。
 ※サウスサイドドライブ(Southside Drive) 沿いににある

マイナーな観光スポットなので、ツアーが無いので車(レンタカー)で行ってくださいね!



▼ヨセミテ国立公園内でおすすめのホテルはこちら


ヨセミテ国立公園 センチネルメドーとは

ヨセミテ国立公園 センチネルメドーとは
センチネルメドーは、この看板が目印です

センチネルメドーは、観光ガイドにも載っていない “ 知る人ぞ知る穴場スポット ” です!

トンネルビューを観に行った帰りに、偶然発見して立ち寄っただけの場所だったのですが、完全に当たりでしたね!

絶景すぎるのに何でマイナーな場所なのか、今でも理解が出来ないです(苦笑)

いやぁ~、立ち寄って良かったですよ…、帰国してから知っていたら後悔するところでした。

とにかくマイナーなので、ガイドブックや海外サイトを調べても殆ど情報が出ていなかったので、本当にマイナーなんだと確信しましたよ(苦笑)


スポンサーリンク


センチネルメドーの基本情報と評価

センチネルメドーの基本情報と評価
一枚岩に近づくと迫力満点!


総合満足度★★★★☆
絶景度★★★★☆
混雑度(駐車場)★★★☆☆
歩きやすさ★★★★★
レジャー写真撮影
対象年齢何歳でも可能
必須アイテム広角レンズ、トレッキングシューズ
駐車場(路肩)有り(無料)
トイレ無し
料金1車両(4人まで)あたり$35.00(1日券)

※混雑度は星が少なければ空いている意味


センチネルメドーの総合満足度

センチネルメドーの総合満足度

絶景スポットとして、総合満足度は4つ星です!

ヨセミテ滝と一枚岩、草地のコントラストが本当に画になっていました。

眺めても良し、写真を撮るのも良し、といった絶景スポットですよ。

あと、木の道を歩けるところも良いですね!

ただ…、1つ問題点と言いますか、不便な点を挙げるとしたら交通の便ですね。

ここセンチネルメドーは、シャトルバスで行けないのです。

私は車で行ったので良かったのですが、車が無い人は行けない絶景スポットなんですよね…。

なので、ヨセミテ国立公園に行く際には、レンタカーで行かれることを強くおすすめします!


センチネルメドーの絶景度

センチネルメドーの絶景度
パノラマで撮ってようやく収まる広大さ

センチネルメドーの絶景度は、星4つです!

とにかく広大な土地すぎて迫力がすごい!

パノラマで撮っても全体が入り切らないほどです(苦笑)

ヨセミテ滝が背景にあると絶景度は抜群ですね!


トンネルビューの混雑度(朝方)

センチネルメドーは、わたしが到着した時点で車は1台しか停まっていませんでしたが、20分後は4台に増えていました。
 ※私が行った時期は6月初旬、時間帯は午前7時20分頃

車は停まっていますが、誰も車から降りてきませんでしたね。

結局は独り占め状態でしたが、昼間はもっと増えるとは思いますよ。


センチネルメドーの歩きやすさ

センチネルメドーの歩きやすさ
木の道がとにかく良かったです

センチネルメドーは、その名の通り木で出来た道があります。

若干の引っ掛かりはあるものの、お子さんや年配の方も身体に負担なく楽しむことができますよ。


センチネルメドーの歩きやすさ

木の道を5分くらい歩くと、マーセド川が見えてきます。

このマーセド川越しのヨセミテ滝がまた絶景すぎて…(歓喜)

ヨセミテ国立公園は、どこ行っても絶景ですよ、ホント。

木の道は、一本道なので迷うことはありませんので安心してマーセド川まで行ってみてくださいね!


センチネルメドーのレジャー(写真撮影)

センチネルメドーのレジャー(写真撮影)

センチネルメドーのレジャーは写真撮影のみです。

駐車場から木の道を歩いたら、気に入った場所から思う存分写真を撮ってくださいね!

絶景写真が撮れますよ!


スポンサーリンク


センチネルメドーを楽しめる対象年齢

センチネルメドーを楽しめる対象年齢
年齢関係なくハイキングを楽しめます

センチネルメドーだけでなく、「ヨセミテ国立公園を楽しむのに、対象年齢はありません!

ヨセミテ国立公園の楽しみ方は、大きく3つに分類されます。


  • 絶景スポットで写真撮影 & のんびり
  • ハイキング(初心者コース~上級者コースまで様々)
  • 特に目的もなく自然をのんびり散策


楽しみ方次第では、小さなお子さんがいてもご年配の方でも楽しめるんです!

ちなみに近隣にある有名な国立公園として、デスバレー国立公園がありますけど、あまりにも過酷すぎてお子さんがいる場合はおすすめできないですね。

わたしは大好きですけど(苦笑)


▼デスバレー国立公園の観光スポットについてはこちら


とはいえ、ハイキングについては初心者コースから上級者コースまで様々ありますので、きちんとコース内容を見定めて楽しんでほしいです。

安全に怪我なく、楽しみましょうね!


必須アイテム:広角レンズ

必須アイテム:広角レンズ

センチネルメドーに限らずですが、ヨセミテ国立公園の絶景スポットは、とにかく広い!

なので、写真撮影をされる方でしたら、絶対に広角で撮れる「広角レンズ」を持って行ったほうが良いです。

ちなみに広角レンズには、大きく2種類あります。


  • 広角レンズ
  • 超広角レンズ


必須アイテム:広角レンズ

私は一眼レフに超広角レンズを装備して、写真を撮りまくっています。

実際は超広角レンズでも収まらないくらい壮大な景色がアメリカ国立公園なんですけどね(苦笑)

それでも標準レンズよりは “ 広く ” 撮ることができるので満足しています!

広角レンズは、一眼レフだけじゃなくiPhoneやAndroidのスマホ等に後付けできるレンズキットもありまして、Amazonや楽天で販売しています。

ご自身が持っているカメラに併せて、広角レンズを検討してみてくださいね!

これまでと全然違う写真が撮れますよ!

ちなみに私が買ったレンズは以下です。

キャノンの一眼レフ用もありますので、参考にしてくださいね!

とにかくコスパ最高の化け物レンズです!


▼TAMRON 超広角ズームレンズ AF10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD ニコン用 APS-C専用 B023N(Amazon)


必須アイテム:トレッキングシューズ

必須アイテム:トレッキングシューズ


トレッキングシューズのおすすめポイント
  • 足の中、足首まで固定されるので疲れにくい(ケガ防止)
  • 靴底の裏に深い溝があるので、地面を “噛んでくれて” 歩きやすい
  • 完全防水だと濡れない


ヨセミテ国立公園を始め、アメリカ国立公園で歩く場合は、登山靴を履いて行った方が良いです。

私は登山靴の中でもトレッキングシューズを選択して日本の自宅から履いていきました。

理由は少しでも荷物を減らしたかったので…(苦笑)

本当はハイカットのトレッキングシューズを履きたかったのですが、ハイカットシューズで街中は歩きたくなかったこともあり、ローカットのトレッキングシューズにしました。

結論としては、ヨセミテ国立公園、デスバレー国立公園、セコイア&キングスキャニオン国立公園、全てローカットのトレッキングシューズでOKでしたよ。

センチネルメドーは、地面が木で少しデコボコしていましたが、トレッキングシューズを履いていたので滑ることはありませんでした。

ぶっちゃけ、木の道はそこまでの悪路じゃなかったので普通のスニーカーでもOKです。

ただ、アメリカの国立公園でハイキングを楽しむなら、必ず登山靴で来ることをおすすめします!

悪路の歩きやすさが全く違いますよ。

歩きやすさが違うということは、 “ 疲れにくい ” 、 “ 怪我をしにくい ” ということです!


センチネルメドーの駐車場(無料)

センチネルメドーの駐車場(無料)
到着した7時20分頃は、車が1台のみでした

センチネルメドーは、ちゃんとした駐車場があるわけじゃなく、広めの路肩に停めます。

違法駐車じゃなく、停めて良いゾーンなので安心してください。

アメリカは、停めたらダメな場所に停めているとクラクションを鳴らされたり、直接口頭で注意されたりしますので、その場合は指示に従って停める場所を変えましょうね。

はい、わたしはめちゃ怒られた経験があります(苦笑)


スポンサーリンク


センチネルメドーのトイレ【ありません】

センチネルメドーのトイレ【ありません】

残念ながらセンチネルメドーにはトイレがありません。

マイナーな観光スポットなので当然といえば当然ですね。

トイレを済ましてから行くようにしてくださいませ。


ヨセミテ国立公園の料金

ヨセミテ国立公園の料金
年間パスポートはカード形式です

ヨセミテ国立公園に入園するためには、1車両(4人まで)の乗車で、 “ $35.00の料金 ” が必要となります。
※アメリカ国立公園の料金は、人数じゃなくて “ 1車両あたりの人数 ” で決まる

またアメリカ国立公園のチケットは2種類あります。


  • アメリカ国立公園の年間パスポートを購入
  • 国立公園内の入園チケットを購入


アメリカ国立公園のチケットは、 “ 何ヶ所の国立公園に行くのか ” で、お得度合いが大きく変わります。

私は現地で購入する手間と複数の国立公園をお得に周遊したいので、年間パスを購入しました。

購入方法やどれだけお得かについては、別記事でまとめていますので、参考にしてくださいね。


▼アメリカ国立公園年間パス購入の記事はこちら


まとめ:センチネルメドー(Sentinel Meadow)

まとめ:センチネルメドー(Sentinel Meadow)

この記事では、マイナーな絶景スポットの「センチネルメドー」を紹介しました。

まとめると…、


  • おすすめだけど、マイナーな絶景スポット
  • ガイドブックには載っていない
  • 地元でも有名じゃないスポット
  • 午前中に行くと空いている
  • 残念ながら車でしか行けない


最後まで読んでいただきありがとうございました!

センチネルメドーは、マイナーな観光スポットですけど確実に絶景なので、行かない後で後悔するレベルです。

シャトルバスが通っていないので、行くには車(レンタカー)が必要ですけど…。

ぜひヨセミテ国立公園に行った際にはセンチネルメドーに行ってみてくださいね!

それでは!

アメリカ大好き、ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました