【ミスト・トレイル/ヨセミテ】ずぶ濡れになる大人気ハイキングコースを紹介!

霧なんて嘘!めちゃ濡れるハイキング! アメリカ ヨセミテ
スポンサーリンク

こんにちは!

ヨセミテ大好きハーフブロガーのジャッキー(@jacky_top_2019) です!

わたくしジャッキーはこれまでアメリカに20回以上、10以上の国立公園に行ったことがあります。

その経験を生かして本記事では、ヨセミテ国立公園内で人気ハイキングコース「ミスト・トレイル(バーナル滝、ネバダ滝)」を紹介します。

ミスト・トレイルは…、



・絶景満載の大人気ハイキングコース

・バーナル滝、ネバダ滝に行ける

・4月~6月中旬あたりはずぶ濡れになって気持ちいい

・持っていくべき必須アイテム、注意点が幾つかある



といった内容を詳しく紹介します!


この記事はこのような方向けです
  • ミスト・トレイルに行こうと思っている方
  • どのくらい大変なハイキングなのか気になっている方
  • どのくらい絶景が待っているのか気になっている方
  • ヨセミテ国立公園のハイキングコースを調べている方


▼ミスト・トレイル、ハイキング体験記についてはこちら


▼ミスト・トレイルに行った旅行記はこちら


スポンサーリンク

ヨセミテ/ミスト・トレイル(Mist Trail)の見どころ

ヨセミテ/ミスト・トレイル(Mist Trail)の見どころ

ミスト・トレイルは見どころだらけのハイキングコースなんですよ。

まず厳選した4つの見どころを紹介します!


  1. バーナル滝(登りながら観る滝)
  2. バーナル滝(頂上から見下ろす滝)
  3. ネバダ滝
  4. ハイキング中の景色


バーナル滝(登りながら眺める滝)

バーナル滝(登りながら眺める滝)

ハイキング中に登りながら眺めるバーナル滝は迫力満点です。

あと、目の前に虹が出ていまして “ バーナル滝 + 虹 ” なんて贅沢な景色でしたね。


バーナル滝(頂上から見下ろす滝)

バーナル滝(頂上から見下ろす滝)

バーナル滝を登り終えると、そこから絶景が待っています!

大きな滝を頂上から見下ろす経験は、なかなか無いことだったので本当に興奮しましたね!

いや~、大迫力でした!


ネバダ滝

ネバダ滝

すいません…。

本当はもっとネバダ滝に近づきたかったのですが、時間切れ & 滝の水量が凄くて、これ以上近づくと濡れまくるので、断念しました…。

あと10メートルくらい前に出るとネバダ滝が眺めることができますよ!


ハイキング中の景色

ハイキング中に観る景色

ミスト・トレイルを開始して30分くらいで見つけた景色です。

景色を楽しむ事もハイキングの醍醐味!

とはいえ、登っている最中はずーっと絶景だらけなので、いちいち写真を撮っていると進みが遅くなります(苦笑)


ヨセミテ/ミスト・トレイルとは

ミスト・トレイルとは

ミスト・トレイルは、ヨセミテ国立公園内で大人気のハイキングコースです。


  • バーナル滝、ネバダ滝の2つを堪能できるハイキングコース
  • 中級レベルのハイキングコース
  • 春~夏の間は水量が多く、滝の近くに行くとずぶ濡れになる(霧のレベルじゃない)
  • 人気のため、コース序盤のアスファルトゾーンは混雑することもある
  • ミストトレイルの一部は、氷と岩が落ちるリスクがあるため、冬には閉鎖される

参考:Mist Trail(英語:Wikipedia)Yosemite National Park HP(英語)


ヨセミテ/ミスト・トレイルの場所・行き方

ヨセミテ/ミスト・トレイルの場所・行き方

ミスト・トレイルの出発地点に行く方法を2つ紹介します!

旅のプランやご自身の体力と相談して選んでくださいね!


パターン1:シャトルバスでバス停#16に行く

パターン1:シャトルバスでバス停#16に行く
引用:シャトルバスマップの全体図


パターン1:シャトルバスでバス停#16に行く
引用:#16バス停周辺の拡大図

まずは、一番スタンダードな方法を紹介!

ミスト・トレイルは、「バス停#16(ハッピー・アイルズ)」が出発地点です。

なので、最寄りのバス停からシャトルバスに乗って、バス停#16に行ってくださいね。

ちなみにシャトルバスは、朝7時から運行しているので朝一からハイキングすることもできますよ!

▼最新のシャトルバスマップはこちら(ヨセミテバレー公式サイト:PDF)


スポンサーリンク


パターン2:カリービレッジから徒歩でバス停#16に行く

パターン2:カリービレッジから徒歩でバス停#16に行く
引用:Googleマップ

私はシャトルバスを使わずに、カリービレッジからミスト・トレイルの出発地点「バス停#16(ハッピー・アイルズ)」まで歩いて行きました。(往復で6時間)

なので、私の通ったルートは純粋なミスト・トレイルのルートじゃないです…(苦笑)

どういうルートで、ミスト・トレイルまで行ったのかについては、“ ミスト・トレイル体験記 ” として別記事で紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね!


▼ミスト・トレイル、ハイキング体験記についてはこちら



ヨセミテ/ミスト・トレイルの基本情報と評価

総合満足度★★★★☆
絶景度★★★★☆
混雑度★★★★★
歩きやすさ★★☆☆☆
レジャーハイキング
ハイキングの距離2.5km~13km(往復)
高低差120m~600m
対象年齢10歳以上
トイレ
必須アイテムトレッキングシューズ、レインコート、防水カメラ、広角レンズ
料金1車両(4人まで)あたり$35.00(1日券)

※「ハイキングの距離」と「高低差」に幅がある理由は、どこでハイキングを止めるか、引き返すかによって変わります


ミスト・トレイルの総合満足度

ミスト・トレイルの総合満足度

ヨセミテ国立公園のハイキングで一番人気だといわれているミスト・トレイル!

以下のような点が個人的には満足度が高いと実感しました。


  • 2つの絶景スポットを同時に観ることができる
    バーナル滝
    ネバダ滝
  • ミストが気持ちいい
    春~初夏の水量が多い時期限定
  • 家族でワイワイ楽しめるハイキングコース
    お子さん、ご年配の方も途中までは歩いていました


ミスト・トレイルの絶景度

ミスト・トレイルの絶景度

ミスト・トレイルは、場所によって様々な景色を楽しむことができます。

ハイキングコースを歩いていくと滝だけじゃなく、数千メートル級の山々に囲まれた場所が幾つもありまして、休憩スポットになっています。

休憩中にふとあたりを見回すと、その目の前にある光景が絶景そのものという状況に何度も出くわしました。

とまぁ~、色々言いましたが、とにかくずっと絶景三昧ってことです(笑)


ミスト・トレイルの混雑度と歩きやすさ

ミスト・トレイルの混雑度と歩きやすさ
ミスト・トレイルの序盤は舗装されている

私が行った時期は6月初旬、ミスト・トレイルの出発点から登り始めた時間帯は午前9時頃。

歩き始めると私の前後には、他のハイカーが常にいる状況でした。

やっぱり人気のハイキングコースだなぁ~という印象!

あと、ミスト・トレイルの出発点から1kmくらいの距離は、きちんと舗装されているので歩きやすいので、一番お子さんやご年配の方が多かったですね。


ミスト・トレイルの混雑度と歩きやすさ
舗装ゾーンが終わり、土ゾーンに突入

道路の舗装ゾーンが終わったら、普通の登山道といいますか、土ゾーンの道になります。

トレッキングシューズを履いていたら問題ないと思いますが、普通のスニーカーだと滑っていたかもしれません。


ミスト・トレイルの混雑度と歩きやすさ
バーナル滝の頂上

一番混んでいたスポットは、間違いなくバーナル滝の頂上!

ミスト・トレイルは、このバーナル滝の頂上を目指す人が多く、ここで多くの方が引き返していました。

また、バーナル滝頂上で写真を撮ったり、ご飯を食べたり、寝転んだりと休憩スポットになっていたことも混雑の要因ですね。


ミスト・トレイルの混雑度と歩きやすさ
花崗岩の階段が滑る…

私が一番大変だったと思ったのは帰りです。

朝一から登って下る人が多かったようで、登りより下りの方が明らかに混んでいました。

しかもバーナル滝の水しぶきを浴び続けながら、花崗岩で出来た階段を降るのは結構ハード!

ハードな理由は、とにかく滑る!滑る!滑る!

ご年配の方やお子さんも当然歩いて下るわけですが、滑らないか冷やものでしたよ。

混んでなければ、まだマシだったのでしょうけどね。


スポンサーリンク


ヨセミテ国立公園を楽しめる対象年齢

ヨセミテ国立公園を楽しめる対象年齢

ミスト・トレイルだけでなく、「ヨセミテ国立公園を楽しむのに、対象年齢はありません!

ヨセミテ国立公園の楽しみ方は、大きく3つに分類されます。


  • 絶景スポットで写真撮影 & のんびり
  • ハイキング(初心者コース~上級者コースまで様々)
  • 特に目的もなく自然をのんびり散策


楽しみ方次第では、小さなお子さんがいてもご年配の方でも楽しめるんです!

ちなみに近隣にある有名な国立公園として、デスバレー国立公園がありますけど、あまりにも過酷すぎてお子さんがいる場合はおすすめできないですね。

私は大好きな国立公園ですけど(苦笑)


▼デスバレー国立公園の観光スポットについてはこちら


とはいえ、ハイキングについては初心者コースから上級者コースまで様々ありますので、きちんとコース内容を見定めて楽しんでほしいです。


ミスト・トレイルのトイレ

安心してください!

ミスト・トレイルは、人気のハイキングコースだけあって合計で4ヵ所もトイレがありますよ。

とはいえ、場所によってはめちゃ汚いトイレもあります。

日本では考えられないほどの汚さです。

なので、心して使ってくださいね。

あっ、手洗い場が無いトイレもあったので、ウェットティッシュは必須ですよ。


ヨセミテ/ミスト・トレイルの必須アイテム【全4つ】

ヨセミテ/ミスト・トレイルの必須アイテム【全4つ】

ミスト・トレイルでハイキングを楽しむ為に、絶対に持っていってもらいたい4つのアイテムがありますので紹介します。


必須アイテム:トレッキングシューズ

必須アイテム:トレッキングシューズ
トレッキングシューズのおすすめポイント
  • 足の中、足首まで固定されるので疲れにくい(ケガ防止)
  • 靴底の裏に深い溝があるので、地面を “噛んでくれて” 歩きやすい
  • 完全防水だと濡れない

ミスト・トレイルでハイキングをする場合は、登山靴が必須です。

私は登山靴の中でもトレッキングシューズを選択して日本の自宅から履いていきました。

理由は少しでも荷物を減らしたかったので…(苦笑)

本当はハイカットのトレッキングシューズを履きたかったのですが、ハイカットシューズで街中は歩きたくなかったこともあり、ローカットのトレッキングシューズにしました。

結論としては、デスバレー国立公園、ヨセミテ国立公園、セコイア&キングスキャニオン国立公園、全てローカットのトレッキングシューズでOKでした。

とにかくミスト・トレイルを歩いていると滑るんですよ。

トレッキングシューズを履いていても滑るので、スニーカーでのハイキングはおすすめできません。

それはミスト・トレイルに限ったことではなく、日本でも世界でもハイキングをする時はローカットでもトレッキングシューズをおすすめしたいです。

悪路の歩きやすさが全く違いますよ。


必須アイテム:レインコート

必須アイテム:レインコート

濡れるの気にしない!という方!

私もそこまで濡れるのは苦じゃないのですが、是非レインコートを持っていってください!

というのも夏場であってもヨセミテ国立公園は寒暖差が激しいので、昼は30℃を超えていても夕方~夜は気温10℃を下回ることも当たり前のようにあります。

ですので、濡れた後の体温調節や健康管理のためにもレインコートを持参してほしいです。


必須アイテム:レインコート

私はポンチョタイプのレインコートを着ましたが、それでも濡れましたよ(苦笑)

もちろん、何も着ないよりは全然マシでしたけど。


スポンサーリンク


必須アイテム:防水カメラ(GoPro/アクションカメラ)

必須アイテム:防水カメラ(GoPro/アクションカメラ)
Amazonで評価の高かったアクションカメラを購入

4月~6月中旬までは、雪解け水の影響でミスト・トレイルの水量は抜群に多いです。

なので、濡れるし迫力のある滝が観られるんですよね。

ただ…、ふつうの一眼レフや防水加工のないスマホならびしょ濡れになって壊れてしまいます。

そこで活躍するカメラがGoProに代表されるアクションカメラです!

GoProは高価でも最近は、安いコスパ良しの “ GoProもどき ” がたくさんAmazonに出品されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


必須アイテム:防水カメラ(GoPro/アクションカメラ)

手のひらサイズ(私の手は女性よりも小さい…)なので、荷物にもなりませんよ。

ちなみに私が購入したこのカメラは、Amazonで¥10,000でした。

本家GoProと比較すると画質は劣りますが、最低限の機能と画質なので、まぁ~そこそこ満足しています。


必須アイテム:防水カメラ(GoPro/アクションカメラ)
防水のアクションカメラで撮りました

こんなに大粒の水しぶきが飛んでくるので、防水カメラは必須ですよ!


▼Crosstourアクションカメラ(Amazon)


必須アイテム:広角レンズ

必須アイテム:広角レンズ

広角レンズとは標準レンズと違い、“ 写真で撮れる範囲が広くなるレンズ ” です。

ミスト・トレイルに限らずですが、ヨセミテ国立公園の絶景スポットは、とにかく景色が広い!

標準レンズだと全く景色が入り切りません。

なので、写真撮影をされる方でしたら、絶対に広角で撮れる「広角レンズ」を持って行ったほうが良いです。

ちなみに広角レンズには、大きく2種類あります。


  • 広角レンズ
  • 超広角レンズ


必須アイテム:広角レンズ

私は一眼レフに超広角レンズを装備して、写真を撮りまくっています。

実際は超広角レンズでも収まらないくらい壮大な景色がアメリカ国立公園なんですけどね(苦笑)

それでも標準レンズよりは “ 広く ” 撮ることができるので満足しています!

広角レンズは、一眼レフだけじゃなくiPhoneやAndroidのスマホ等に後付けできるレンズキットもありまして、Amazonや楽天で販売しています。

ご自身が持っているカメラに併せて、広角レンズを検討してみてくださいね!

これまでと全然違う写真が撮れますよ!

ちなみに私が買ったレンズはニコン用です。

キャノンの一眼レフ用もありますので、参考にしてくださいね!

とにかくコスパ最高の化け物レンズです!


▼TAMRON 超広角ズームレンズ AF10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD ニコン用 APS-C専用 B023N(Amazon)


ヨセミテ/ミスト・トレイルの注意点

ミスト・トレイルの注意点

ミスト・トレイルの注意点が3つあります。

  • こまめな水分補給
  • 紫外線対策
  • 崖からの転落

この3点については、ぜひ注意してミスト・トレイルでのハイキングを楽しんでほしいです!


水を2リットル持参しよう

ハイキング中は、体調管理の為に水分摂取を細かく行うのが鉄則です。

喉が乾いた状態では、脱水症状が始まっている可能性があります。

なので、 “ ちょこちょこ休憩、ちょこちょこ水分補給 ” これを合言葉に無理せず水分を補給しながらハイキングを楽しんでくださいね。

水はヨセミテ国立公園内の売店でも買えますが、少しでも節約したい方は、事前にスーパー(ウォルマートやターゲット等)で購入して、ヨセミテ国立公園に来るのが良いかと思います。


紫外線対策は入念にしよう

ヨセミテ国立公園は紫外線が強い!

特にハイキング中は、太陽に照らされ続けることになります。

まぁ~、たまに日陰はありますが…。

ぜひ、帽子着用、日焼け止めの塗り忘れが無いようにしてくださいね。


崖からの転落には要注意

崖からの転落には要注意

ミスト・トレイルは、バーナル滝に行くまでに何ヶ所も崖があります。

しかも手すりが無い場所もたくさんあるので、本当に気をつけて歩かないといけません。

細心の注意を払って、安全にハイキングを楽しんでくださいね。


スポンサーリンク


ヨセミテ国立公園の料金

ヨセミテ国立公園の料金
年間パスポートはカード形式です

ヨセミテ国立公園に入園するためには、1車両(4人まで)の乗車で、 “ $35.00の料金 ” が必要となります。
※アメリカ国立公園の料金は、人数じゃなくて “ 1車両あたりの人数 ” で決まる

またアメリカ国立公園のチケットは2種類あります。


  • アメリカ国立公園の年間パスポートを購入
  • 国立公園内の入園チケットを購入


アメリカ国立公園のチケットは、 “ 何ヶ所の国立公園に行くのか ” で、お得度合いが大きく変わります。

私は現地で購入する手間と複数の国立公園をお得に周遊したいので、年間パスを購入しました。

購入方法やどれだけお得かについては、別記事でまとめていますので、参考にしてくださいね。


▼アメリカ国立公園年間パス購入の記事はこちら


まとめ:ヨセミテ/ミスト・トレイル

まとめ:ヨセミテ国立公園 ミスト・トレイル

この記事では、ミスト・トレイルについて紹介しました。

結論としては、“ヨセミテ国立公園に行くなら行くべきハイキングコース” です。


  • 満足度は高め、行かないと後で後悔するレベル
  • ヨセミテ国立公園の中で大人気のハイキングコース
  • バーナル滝、ネバダ滝の2ヵ所を堪能できる
  • 4月~6月中旬あたりはずぶ濡れになって気持ちいい
  • 崖からの落下に注意


ミスト・トレイルは、バーナル滝からの絶景あり、ハイキング途中の絶景ありとおすすめポイントが揃っています。

ヨセミテ国立公園内でも本当に人気のハイキングコースなので、ぜひ行ってみてくださいね!

それでは!

アメリカ大好き、ジャッキー(@jacky_top_2019) でした!


▼ミスト・トレイル、ハイキング体験記についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました